カテゴリ: 宏樹庵便り

先日、宇部好楽協会の人と打ち合わせをして、9月30日の演奏会の詳細が決まってきた。
当日のプログラムには1953年の演奏会のチラシのコピーが挟み込まれることになった。黄色っぽいそのチラシは時代を感じさせる。
入場料は指定席900円で自由席が600円。当時は蕎麦が一皿15円の時代だから、今だと5万円相当か。民間人には高いので、8月9月10月の3か月の分割振り込みでも良いとあるのは面白い。ティボーは当時もう73歳という高齢であったにもかかわらず、欧米でも大変な人気で、当時はホールが少なかったので大阪以西は宇部のみの開催だった。九州や鳥取、岡山など遠方からも来る人が見込まれ、「新聞発表されると申し込みが殺到するので早く申し込んで下さい。」と宇部好楽協会の会報に注意書きがあった。

練習も始めている。
フランクのソナタは弾いたことがあるのでまだ良いのだが、モーツァルトのコンチェルトに手こずっている。当時はコンチェルトをリサイタルで取り上げることは珍しくなかったが、今ではそれは学校の試験などで弾くくらいで、私は人前で弾いたことがなかった。とても弾きにくい箇所があり、こんな音型は弦楽器だったら簡単なのにと、フーフー汗をかきながら練習している。ティボーのお相手は誰だったのかと当時のチラシをよくよく見てもピアニストの名前がどこにもない!!!  フランスから誰かを連れてきたと思うのだが。

それにしても多くのファンが10月1日の渡辺翁記念会館での演奏会を楽しみにしていたのに、これだけの巨匠の最後が日本へ来る途中の飛行機事故だったとは!宇部好楽協会の会長、俵田寛夫氏は、
「出張上京中、突然読売新聞から電話があってティボーの死を知った。世界の音楽界にとって大変な損失である。」
と新聞の追悼文に書いている。「巨星墜つ」という感じでショックだったに違いない。
65年ぶりに甦る曲の数々を石井はティボーのようには弾けないが、集まって下さった方々に石井節を楽しんでいただけるよう頑張ろう。

ティボーチラシ
当時のチラシ

thibaud2018[1]

thibaud



6月23日(土)から7月1日(日)までの9日間、宏樹庵と幸明館にて宏二郎展が開催された。
宏樹庵に14点、幸明館には22点の絵が展示された。その中には、私の母の書に宏二郎が絵を添えた5点のコラボ作品もあった。昨年11月に豊岡市で開催された「墨と彩の響流展」の時制作された作品で、蕪村の新年、春、夏、秋、冬の句のかなの書に水絵具が優しい。
今回のテーマは「気」。チラシに印刷された幅160センチの林の絵の中にも「気」が感じられる。どこの林かは解らない。宏二郎の説によると、観るそれぞれの人の持つイメージで想いを膨らませて絵は完成するのだそうだ。蛍の絵も何点かあった。はかない蛍の光と夜空の星の光が混然となって美しい。

初日、展覧時間が終わった午後5時から宏樹庵にてオープニングパーティが開かれた。
啓一郎啓子による愛の挨拶やチゴイネルワイゼンなどの演奏があり、その後、集まった30人ほどのお客様は絵をもう一度見直したりして、6時過ぎから手料理で宴会。F夫人のいつもの岩国寿司や、T夫人のゴマ豆腐も並んだ。周防大島で作られているトマトやパプリカなどもたくさん寄せられた。シシ肉のシチューも好評。お酒もビールもどんどん無くなった。外では篝火や小径のろうそくが夜を彩る。

6月30日(土)には九州の波佐見からお客様が7人、車で来訪。ゆっくりお茶を飲みながら歓談し、宏二郎はこの家で結婚式を挙げたことなども話した。今年1月の佐賀での私たちのコンサートに来られた方が中心で、夜の交流会では来年10月半ばの波佐見でのコンサートが決まった。まだ1年以上先なので、波佐見だけではなく、久留米や唐津などでもコンサートができたらと思っている。ブログを見た方からお気軽にコメントいただけたら嬉しいです。

梅雨の時期の開催は初めてだった。いつも桜の咲く頃だったので、散歩の途中に寄ってみたという人がいたり、訪れる人は多かったが、今回は雨で一日中誰も来なかった日もあった。しかし新聞に載ってからは、毎日少しずつ来て下さるようになり、「すごく良かったから、是非行ってみなさい。」と友達に言われて来ました、という方もいた。

何とか無事(?)に終えることが出来て、感謝。

宏二郎展2018
蛍と星


180623宏二郎展22
オープニングパーティで演奏
180623宏二郎展37
小径のろうそく
180623宏二郎展39
篝火
36492365_1642756895853414_7067015218349473792_n[1]
波佐見からのお客様
36506463_1642756825853421_8891536391050100736_n[1]
宏二郎と。
宏二郎展2018 その1
祖母と孫のコラボ作品
kou
紅葉も宏樹庵の?
宏二郎展2018その2
今回のメイン








石井啓一郎ヴァイオリンリサイタル2018チラシ表 (1)
6月7日京都、11日宇部、13日東京でのリサイタルが終わった。
シューマンのロマンスから始まり、シューマンのソナタで終わるという濃厚なロマン派のプログラムだが、その間に挟まっているのはスペインの民族色の濃いファリャのスペイン舞曲やニンのスペイン組曲。更に今回は久しぶりに無伴奏でエネスコのルーマニア舞曲。これは10分くらいの曲だが、エネスコ独特の歌いまわしを石井は楽譜も見ずに自らの体からあふれ出るような演奏で聴衆を魅了した。シューマンのロマンスに続くプログラム2曲目のモーツァルトのソナタには通常は入れない長々と続くピアノのカデンツを入れた。誰も弾いたことのない石井啓子オリジナルのカデンツでこれも好評だった。石井の愛器ガリアーノは今回大変状態が良く、よく響いていた。一時の病気が嘘のようだった。微妙な調整のお陰と思う。

「手術をしてから一層元気になったようだね。」との声もあった。
手術は2014年1月。それまでは頑なに不要としていた携帯電話をようやく購入して入院したが、公衆電話で私に電話してきて、携帯電話がどこに行っちゃったか分からないので電話してくれと言う。電話したら何と自分が履いていたスリッパの中に入っていた!!! そのくらい足の感覚がなかった。
手術は首の骨を削る8時間もかかる大手術で、今も首に金具が入っている。でも、そのお陰で今も元気に弾き続けることが出来ている。いつまで引き続けるか・・・尊敬する師匠ミルシュタインが最後の演奏会を開いたのは84歳の時。完璧なライブ録音が残されている。
34539382_2308570239370063_7383683290227539968_n[1]
京都でのリサイタルを終えてロビーで。

5月の終わりから6月にかけて玉ねぎとニンニクの収穫が続いた。
玉ねぎは昨年11月初めに、ニンニクはそれよりひと月ほど早く植え付けた。普通の玉ねぎ350と紫玉ねぎ50を植えたのだが、紫のは今回、何故か出来が悪かった。どれも小さい。それに比べて普通の玉ねぎの方はとてもよく出来た。ただ、私が苗を植え付ける時浅過ぎたためか、多くが強風に耐えきれず倒れてしまった。倒れても育ってはくれたのだが、玉ねぎは茎がヘナッと折れた時が収穫の合図。ところが倒れているのは折れたかどうか見分けが付きにくかった。ちょっと収穫が遅かったかもしれない。紐に結わえて吊るすまでに茎の部分が少し柔らかくなっていた。吊るした玉ねぎを見上げながら、今年いっぱいは腐らずにいてねと祈った。息子たちの所にも持って行った。
この玉ねぎ、市販のと大きく違うのが切った時に解る。密度がぎゅっと詰まっている感じ。焼いても炒めても甘い。
ニンニクも1個300円と計算したら結構な金額になる。これで今年中は買わなくて済むだろう。
収穫に感謝!
それにしても、大事なリサイタルの一番忙しい時期にこの作業は毎年重なる・・・

ニンニクの芽 10月
昨年10月10日、植えたニンニクが芽を出した。
ニンニクの収穫2018
ニンニクの収穫、6月4日
玉ねぎの収穫2018
玉ねぎの収穫、5月25日
吊るされた玉ねぎ
京都のリサイタルから帰ってきて6月9日に吊るした




ミュージックキャンプ2018が5月3日から5日に黒磯自治会館、宏樹庵そして由宇文化会館にて開催された。

今年は連休の並びが悪くて5月1日と2日が平日なので陽子は子供たちに学校を休ませるわけにもいかず、2日の学校が終わったらすぐ来るつもりになっていた。ところが晴香は自分から学校の先生にこういう催し物があるので休んで良いかと交渉したそうだ。そうしたら先生もその二日間に配るプリントを先に渡すから休んでもよろしいとのお達し。それで陽子達家族は28日土曜日に岩国にやってきた。
晴香と絢香はアンサンブルの組では初参加で練習に四苦八苦していた。こちらへ来た時もまだ曲が仕上がっていなかった。晴香はヴァイオリンをもう何年も弾いているのに、練習をほとんどしないので上手になるわけがない。いまだにG線を弾いたことがないし、弓順に弾くという訓練もしたことがない。それを、何とかなるだろうと私が編曲して渡した曲はキュイの「オリエンタル」。絢香は譜面がまだ読めないので音で少しずつ覚えていって何とか最後までたどり着いたという感じ。29日からの4日間毎日の練習でキャンプに臨んだ。

出演者は全部で29名。高校生以下は6名。絢香が最年少で7歳、上は60歳を超えたおじさん。プログラムはドヴォルザークの「アメリカ」やブラームスの六重奏曲、メンデルスゾーンの八重奏曲、ブラームスのピアノ三重奏曲やピアノ四重奏曲などどっしりした曲が多かった。ほとんどが参加者の希望による。参加者の中にはプロもいればアマチュアオーケストラのメンバーもいる。みんな大変熱心でよく弾く。
講師は桜庭茂樹、石井啓一郎、石井啓子、石井陽子の4人。それに家族が7人。シェフは今年は宏二郎夫婦、それに子供が一人、総勢43人の食事を宏二郎たちが主に取り仕切って作ってくれた。お母さん達も積極的に手伝って下さった。石窯ピザ、啓一郎のカレーライス、オープンサンド、焼きそば、餃子、タケノコの丸焼き、しし鍋、バーベキューも初日は肉系、二日目は魚介類。どれも好評だった。

今年は体験会もあり、一つはペットボトルピザ作り。
これはピザの生地の材料をペットボトルに入れてそれを10分間シェイクした後発酵させると、ペットボトルの蓋を開けたらムニュッと生地が出てきて、それを延ばしてトッピングは各自自由に。というもの。参加者のお母さんが婦人会でやって面白かったからと提案して下さった。私はレッスンで見られず残念だったが、大当たりで子供たちは意気揚々と取り組んでいたそうだ。そして美味しかったと晴香も報告してくれた。
もう一つは篆刻体験。岩国の藩主吉川広嘉が錦帯橋を作るきっかけとなった中国から来た独立(どくりゅう)との出会い、そしてその独立が広めた芸術、篆書体を石に彫る篆刻。それを岩国の文化の一つとしてとらえ広めようという動きが岩国にあることを知って、ミュージックキャンプ参加の皆にもやらせてみようという事になった。最初は篆刻って何?という感じだったが、面白がってずいぶんたくさんの人が参加した。晴香には無理かなと思っていたが、やりたいと言うのでやらせてみたらとても上手にできて満足そうだった。

5日の由宇文化会館での「散歩がてらのコンサート」
3時間の長いプログラムだったが、皆それぞれに本番が一番うまく弾けたようでほっとした。
終演後は宏樹庵にて懇親会。そこでも高校生がバリバリとサンサーンスのヴァイオリンコンチェルトを本プロのように弾き、弦楽四重奏もあり、楽しく賑やかに終了した。

レッスン
レッスンのトップバッターは晴香達の四重奏
会場練習
合奏の会場練習
プログラム最後
プログラムの最後は私たちのメンデルスゾーン ピアノ三重奏曲1番4楽章
バーベキュー
最初の日のバーベキュー材料
出演者のお母さん
お母さんも積極的に手伝った下さった。
今回のシェフ
宏二郎シェフ大活躍
会話も弾む
和気あいあいと会話も弾む
篝火の用意
子供たちで篝火の用意、なたで竹を割る。
篝火
今回もよく燃えた篝火
大人のピザ
大人のピザ、オイルサーディンとあさり、タケノコ、木の芽が乗せてあって美味しかった。皮はパリパリ!
ペットボトルピザ作り1
ピザの生地材料をペットボトルに入れて、
ペットボトルピザ作り2
シェイク、固まってきた!
ペットボトルピザ作り3
ペットボトルの蓋を開けると!
ペットボトルピザ作り4
それを延ばす。
ペットボトルピザ作り5
ほ~ら、美味しそうに焼けました!
篆刻体験
篆刻体験会
はんこの完成
とても上手に彫れました!
打ち上げでの演奏
打ち上げ



















↑このページのトップヘ