カテゴリ: 宏樹庵便り

たびたび上京して合わせの練習をしたりして、いよいよ演奏会が近づいてきました。
宏樹庵にいるときにはニンニクや玉ねぎの植え付けもやりながら個人練習です。
プログラムの原稿も書けました。
こちらに載せておきます。
演奏会にいらっしゃれる人もいらっしゃれない人も読んで音楽を思い浮かべていただけたらと思います。

4つの前奏曲より第1番    

ショスタコーヴィチ(19061975

ショスタコーヴィチは1906年サンクトペテルブルクに生まれた。

9歳の時初めて母親にピアノの手ほどきを受け、191913歳でペテルブルグ音楽院に入学、グラズノフに師事する。1925年音楽院を卒業、卒業制作として交響曲第1番を作曲。作曲だけでなくピアノも堪能でこの後ショパンコンクールにも出場している。作曲家同盟レニングラード支部の運営委員になり次第に作曲家としての礎を築く。しかし、時はスターリン時代。政治のみならず芸術その他あらゆる分野で制約があり、体制からの批判を受けながらも作曲を続ける。主に交響曲(全15曲)や弦楽四重奏曲(全15曲)において優れた作品を残し、それに比べてピアノソナタは2曲しか書いていない。重く暗い作品、或いは反対に故意に大きな音の連続のある作品が多いが、一方でポピュラー音楽も愛し、軽妙な作品も少なからずある。

この前奏曲もその一つで、1933年にピアノのために書かれた24の前奏曲のうち4曲を後にツィガーノフがヴァイオリンとピアノのための曲に編曲した、非常に幻想的な曲だ。

 

フルートとピアノのためのソナタ

      プロコフィエフ(18911953

プロコフィエフはショスタコーヴィチより15歳年上、ロシアのウクライナ地方南部に生まれた。5歳の時もう作曲を始め、9歳でオペラ2曲、12歳でヴァイオリンソナタを書くなど天才的頭角を現す。1904年母に連れられてペテルブルグのグラズノフを訪問、そして音楽院に入学(ショスタコーヴィチが入学する15年前である)リャードフの和声学クラスで学び、後にリムスキーコルサコフのクラスでも学ぶ。次々にオペラや交響曲を作曲し発表する。1914年(23歳)でピアノ科と指揮科修了、卒業試験でバッハのフーガと自作のピアノ協奏曲を弾きアントン・ルビンシュタイン賞受賞。その年ロンドンでディアギレフに会い、称賛されていろいろ作曲の提案を受ける。

1917年にロシア革命が起きる。ロシアの帝政が崩壊しレーニン率いるポリシェビキが台頭してきて第1次世界大戦からは手を引き、社会主義国家ソ連を形作ってゆく。この内戦は数年続き、死傷者は7001200万人に上ると言われている。(1922年ソビエト社会主義共和国連邦が誕生)

プロコフィエフはそのような状況の中でアメリカ亡命を決心、1918年シベリア鉄道で日本を経由してアメリカに行く。日本には6月から8月までの約2か月間滞在し演奏会も開いている。その後アメリカを拠点として作曲家、ピアニストとして活躍。しかし15年経た1933年望郷の念が高まり帰国。ショスタコーヴィチはずっとソ連にとどまっていたがプロコフィエフは15年間であっても亡命し欧米で活躍していた。この差が二人の作風の違いにつながりそうだ。そしてプロコフィエフが亡くなる1953年にスターリンも亡くなり、以後ショスタコーヴィチの今まで発表できなかった作品にも光が当たるようになる。

1941年第2次世界大戦が勃発。ドイツ軍のレニングラード(=現ペテルブルグ)進撃により他の芸術家とともにプロコフィエフはグルジア地方に疎開。戦争ソナタと呼ばれるピアノソナタ第6番第7番を書く。フルートソナタも戦争のさ中1943年に作曲されている。この初演を聴いたオイストラフがヴァイオリンソナタへの改作を依頼、翌1944年にヴァイオリンソナタ第2番として発表、ピアノパートはそのままでフルートパートに少し手直しがしてあるだけだが、こちらも現在よく演奏される。

1楽章 物憂い雰囲気で始まるソナタ形式

2楽章 軽快なスケルツォ

3楽章 抒情的で美しい

4楽章 躍動感あふれる楽章

 

 

ピアノ三重奏曲   ショスタコーヴィチ

ショスタコーヴィチが1927年に出会って以来、公私ともに親しかった音楽演劇評論家ソレルチンスキーが1942年に急逝した事を受けてこの曲は書かれ、「ソレルチンスキーの思い出」というタイトルが付けられている。

世界大戦中の1944年に書き上げられている。親友の死、また大戦中のスターリン体制のもとでの作曲家という自分の立場をユダヤ人と重ね合わせ、曲全体が深い悲しみに覆われている。ショスタコーヴィチの友人にはユダヤ人が多かったし、オーケストラの団員の中にもユダヤ人がいた。彼らとの接触の中でショスタコーヴィチはユダヤ音楽へ傾倒していったと言われている。ユダヤの音楽空騒ぎの中で、泣かざるを得ない怒り

1楽章 チェロのハーモニクス(笛のようなとても高い音)という「超」超絶技巧の旋律で始まる。こんな冒頭を考え付くとは!!! 正に深い悲しみである

2楽章 スケルツォ

3楽章 ブラームスの交響曲第4番終楽章の冒頭のようにパッサカリアの8小節の和音進行をピアノが受け持ち、チェロとヴァイオリンの哀惜あふれる二重奏をずっとピアノが支え続ける

4楽章 第3楽章から切れ目なしに演奏される。ピアノの連打に乗って墓場の遺骨の上をさまよう男の旋律。そしてその先に現れるのが弦楽四重奏曲第8番でもそっくりそのままの旋律が使われているユダヤの歌。弦楽四重奏曲の楽譜には「ファシズムと戦争の犠牲者の思い出に捧ぐ」と書かれている。5拍子でこれでもかこれでもかと歌われる旋律もユダヤの音楽だろう。そして8小節の和声進行を挟んで墓場の男の旋律で曲を閉じる

 

ピアノ三重奏曲「大公」 

ベートーヴェン(17701827

1789年フランス革命が起き絶対王政が崩れるのだが、ナポレオンが台頭し、当初は外国の干渉から市民階級を守る革命防衛戦争だったのに次第に侵略戦争と化してヨーローッパ中が巻き込まれる。それまで芸術家を保護していた貴族は力を失い、兵士も傭兵ではなく愛国心に満ちた国民兵に取って代わる。ベートーヴェンの活躍する頃は貴族からの年金は無くなり、作曲家は自身で演奏会を開いたり楽譜を出版社に売ったりして生計を立てるようになる。ナポレオンがワーテルローの戦いに敗れ1815年に敗退するまで戦争は続いた。

そんな中1811年にこのピアノ三重奏曲は書かれた。既にベートーヴェンは6曲の交響曲とすべての協奏曲を書き終え最も円熟した時期だった。ルドルフ大公に捧げられているのでこの曲は「大公」と呼ばれる。ルドルフ大公は18歳ベートーヴェンより年下でベートーヴェンの弟子でもあり、貴族からの年金が無くなる時期であったにもかかわらず早世するまでベートーヴェンを援助し続けた。神聖ローマ帝国皇帝レオポルド2世の末っ子で1806年に神聖ローマ帝国は消滅するがオーストリア皇子(大公)の称号を持ち、ピアノも達者でベートーヴェンのヴァイオリンソナタ10番の初演も行っている。

1楽章 ピアノの堂々とした主題で始まりすぐヴァイオリンが引き継ぐ

2楽章 スケルツォ形式 3つの楽器の掛け合いが絶妙

3楽章 アンダンテ カンタービレ 主題と4つの変奏曲

4楽章 ロンド形式 3楽章が静かに終わった後、いきなり楽しく活気に満ちた旋律が始まる

全体に幸福感にあふれており、どうしてこんなにも幸福だったのだろうかと考えさせられる。戦争のさ中であり、この曲の初演では自身がピアノを弾いたがこの頃は音楽家として大切な耳がもうほとんど聞こえなくてあまり上手く行かなかったようだ。

それなのにこの幸福感!!?


初めのショスタコーヴィチの前奏曲とプロコフィエフのソナタを陽子と、ショスタコーヴィチのトリオを石突美奈さん、桜庭茂樹さんと、最後の「大公」を石井啓一郎、桜庭茂樹さんと演奏します。

アンサンブルシリーズ2019表

10月24日(木)午後1時半より岩国西ロータリークラブ主催の癌予防講演と石井啓一郎啓子による演奏会が岩国市立玖珂中学校にて催された。
岩国西ロータリークラブは過去3年間この企画を一年に2校ずつで開催していた。私達が依頼されたのは3年間という契約だったが、やってみると大変好評で、ロータリークラブ内でも高く評価され、継続することが決まった。しかし、一日に2校の調整は大変だったそうで、今年からは1校となった。
初めの30分はご長男を癌で亡くされたロータリークラブ会員のK氏が講演、後半1時間が私達の演奏。今回はブラームスのソナタをメインにサラサーテのいくつかの曲も取り上げた。G線上のアリアは生徒達はどうやら今流行りのテレビドラマ「G線上のあなた」に影響されて知っていたようだ。最後に花束を持ってきてくれた生徒に今日はどの曲が印象に残ったかと聞くと、「カナリア」と答えた。オーケストラの中のヴァイオリンの音は聞いたことがある生徒が何人かいたが、単独の演奏を聴いたことはなくて、ヴァイオリンからあんな音が出るとは意外だったとみえ、「カナリア」を弾きだすと生徒達の中でざわめきが起こり、思わず笑い声も出た。素直な生徒達だった。
全校生徒260人くらい。石井は帰り際に、「もうじき18歳になるんだ。政治はみんなと無関係ではない。みんな、選挙に行けよ。」と話しかけていた。

IMGP0010



IMG_0817


昨年6月30日宏二郎展に合わせて波佐見から7人の方々が来訪した。日本フィル波佐見支部のメンバーだった。
ゆっくり絵を見ていただいて、その後宏樹庵でお茶を飲みながら歓談、夜も岩国市内の居酒屋で懇親会が設けられた。そこで波佐見での私達の演奏会が提案され、今年の10月の開催が決まった。

それから1年。夏の終わりには素敵なチラシが出来上がり、日本フィルの九州各地の実行委員会その他に配られ、チケット販売が始まった。
そして迎えた10月19日の本番。昼の公演だったので私達は前日に波佐見入りした。着いた時は真っ暗で何も見えなかったが、朝起きてみたらホテルの窓からは既に刈り入れが終わった田んぼが広がっていて気持ちよかった。

演奏会場は昭和12年に建てられ小学校の講堂などとして使われていた建物を近年修理した場所。古い木造建築だがとても立派だった。午前中会場練習してみると、大変音響がよく、古い木材だからこその柔らかい豊かな響きでびっくりする程だった。
14時開演。シューマンのロマンスを皮切りにブラームスのヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番、休憩を挟んで外山雄三の山口民謡、サラサーテのプレイエラ、バスク奇想曲、チゴイネルワイゼンなどが次々と、話も交えながら続いた。
何十年も前に訪れた長崎川棚のM氏が来てくれて、あの時は伊藤静雄の話で弾んだことを思い出して懐かしかった。

翌20日の朝、少しだけ時間があったので、波佐見焼の窯元が集まっている集落と、その反対側の鬼木棚田を見に行った。日本の田舎、どこの地域も高齢化で人口が減っているのに、この地域は人口も減らず、むしろ若い人たちが移り住んできているとのこと。波佐見焼の特徴は古くから何代も続いている窯元があるわけではなく、若い人が自由に作陶できること。それに町全体が分業になっていて土をこねる人と絵付けをする人など、町全体で器を作っていく仕組みになっているそうだ。作品も何万円もする美術品ではなく、江戸時代から、丈夫で割れにくく手ごろな価格で手に入れることのできる器として親しまれてきた。時代に合わせて変化しつつある活気も感じだ。日本フィルの波佐見支部のメンバーにも若い人が何人かいた。また訪れたい町の一つとなった。

20日の夜は八女市の明永寺中庭ホールでの演奏会。
4時くらいに行けば会場練習できるのかと思っていたが、突然の法事が入り5時過ぎまで使えなかった。
岩国を出る時はとても寒かったので中庭となると風が冷たかったらドレスは袖がないしどうしようかと心配したがとても良いお天気で夕焼けもきれいだった。普段は法事などに使う部屋を演奏会場として能舞台のようにしつらえてあって、夜風を感じながら演奏するのは初めてだったが好評だった。

21日は田川の添田駅の近くの100人弱のホール。満席だった。
前座にオカリナの合奏もあり、気分がほぐれたところで私達は80分ほど演奏。間近で聴く演奏に皆感激していた。生きていく力をもらいましたと言われて嬉しかった。

IMG_0803 (1)
演奏会場となった波佐見講堂

2019八女1
Photo by t.SAKAMOTO
明永寺中庭ホール

2019八女2
photo by t.SAKAMOTO
会場練習が終わるころ空は夕焼けに

2019
photo by t.SAKAMOTO
本番

2019八女3
photo by t.SAKAMOTO

DSC_1228
添田のホールに集まって下さった方々と






6月27日吉和のウッドワン美術館にて前原冬樹の木彫を見た。

前原冬樹は1962年生まれ。一度日大芸術学部に入るも中途退学しボクサーの道を歩む。10年経ってまた芸術に目覚めたのか東京芸術大学を目指す。7度入試に挑戦、1994年32歳でやっと美術部油画科に入学。1998年卒業制作に「桜の下」という半立体の作品を創る。それは胸の上に組まれた両手をほどき扉を観音開きに開けるとその窓の外に桜が舞う青い空が広がっている美しい作品で東京芸大に買い上げられた。これを機に木彫り制作を始める。
油絵は塗ったり削ったり、プラスとマイナスの作業だが木彫りは削る一方でそれが潔いと彼は思う。彫る対象は手であったり鍵であったりどんぐりであったり、その辺にあるものをどう見ても木で出来ているとは思えないような着色で本物そっくりに創る。さびているものに美を感じるのは自分も移ろい行き、やがては生を終えるものと感じるから。そこに佇んでいるだけのように見える作品も、そのものと自分との間合いを感じ、やがて移ろい行くものだからこそ今が一番輝き、一番大切なもの。

宏二郎の個展が東京で28日から始まった。
今回は祈りがテーマ。彼も移ろい行くもの、対象となるものと自分の間合いを大切にしている。
多くの人の目に留まりますように。
6月28日から7月19日まで、八重洲2-7-4清水ビル202 木之庄企畫にて

展覧会を見てから隣のホテルに宿泊。ここの料理が美味しくて泊まるのは3度目。
前菜もきれいだった。イチジクのゴマソースで合えたみたいなのが特に美味しかった。あとこれは家で挑戦してみようかなと思ったのは舌平目のウニ乗せ焼き。舌平目のうま味がしっかりしていて、見た目も良いしお箸でつまんで取りやすいと思った。どうやって作るのかな。
いつも出かける時は何日か前に天気予報を確認して晴とわかっている日に出かけることにしているのだが、今回はこの日しかなくて、天気予報は雨。最悪な事に台風まで来ることになった。しかし、台風は四国の沖合を通り山口県は峠はさすがに雲の中で雨が降ったが、あとはそれほどでもなく、翌日は何と晴れた!
気分爽快で吉和に一軒だけ残るわさび本舗に寄って帰った。

IMG_0644
白い器に入っているのがイチジクの和え物、左回りにおくらとイカの和え物、枝豆の麩、穴子八幡巻き、地鶏塩焼き
IMG_0645 (1)
これはジュンサイのカクテル、ほんの少し甘みがあった。
IMG_0646
舌平目ウニ乗せ焼き
IMG_0649
デザートはずんだ餡が入ったおはぎと透かし木の葉でくるんだチーズ餅

IMG_0652
翌日は晴れ、玄関前の巨木の前で
IMG_0654 (1)
この巨木はニュージーランドから運んだもので樹齢1000年から1200年と言う

IMG_0657
わさび本舗で生わさびを購入。これは昨日のお刺身にも付いてきたが辛いというより美味しい!

IMG_0642
前原冬樹木彫り展








6月6日京都、9日宇部と連続した古希のリサイタルが18日東京文化会館での公演で終わった。
京都では日本フィルに関連した二人での、或いはもう一人加わっての演奏会を30年程前からやっていたが、東京と同じプログラムで前後して京都コンサートホールで演奏し始めたのは1997年、私たちの演奏活動20周年の年だった。始めは手伝ってくれていたメンバーも去り、応援してくれていた大病院も体制が変わってゼロになってしまって何年にもなる。今は数少ない実行委員のメンバーが口コミで一生懸命みんなに声をかけてくれて何とか100人余りのお客さんが集まる。宇部は会場が狭い事と昔からの石井啓一郎の仲間達で何とか成り立っている。東京もリサイタルを始めた1977年の頃は石井の父も私の父も現役で、時代も時代だったので企業関係の買い上げも多く、販売に私達はあまり苦労しなかった。しかし今では弟子に預けたチケットが戻されるのも当たり前になり、企業はほぼゼロ、全て口コミで売っている。音楽業界全体でもクラシックの演奏会にチケットを買ってまでして行く人が少なくなっている。足を運んで聴いてくれた人は「明日の元気をもらった!」などと 反応は良いのだが。


今回ブラームスのソナタを2曲弾いた。
中でも2番のソナタは私達の結婚披露宴で演奏した思い入れのある曲だった。これまで人前ではほとんど弾いた事のない二人の内緒の曲で、今回は古希を記念して取り組んだ。1楽章にはAllegro amabile との表示があり、私は今回このamabile にこだわった。
ドレスは結婚披露宴の時に来たドレス。これは私と母の手作りなのだった。母は良い家庭のお嬢様だったので結婚する前には花嫁修行としてお花と裁縫とお料理を習った。私達姉妹が幼い頃はお揃いの夏のワンピースなどよく縫ってくれたものだった。レースの布を買ってきて私と母でデザインを考え、母が縫って、私は下に着るスリップを縫った。1972年、石井は23歳、私はまだ22歳だった。このドレスはその後、陽子が自分の結婚披露宴でも着た。私は今後もうこのドレスを着る事はないと思うが、もしかしたら孫の誰かが着るだろうか?大切にしまっておこう。 

京都2019
京都コンサートホールにて終演後

宇部2019
宇部では超多忙の金子法子先生がいらして下さった



65B1ABF3-87BE-485C-9EA4-AF6A1DCAB384
東京文化会館にて終演後、挨拶に並ぶ長蛇の列

362BD5A6-FD98-49E0-BF19-2E74C663298E
古いアルバムから。
私達の結婚披露宴でブラームスの2番のソナタを演奏



 

↑このページのトップヘ