昨年初めて開いた中井の私の実家での元旦コンサート、今年は私のアンサンブルシリーズが1月12日にあったので元旦には出来ず、1月15日になってしまったが午後5時半から開かれた。
エルガー 愛の挨拶 石井陽子 石井啓一郎 石井啓子
ショパン ワルツ作品69-1 米本幸子
バッハ G線上のアリア 加藤史子 石井啓子
クレメンティ ソナチネ作品36-3全楽章 増渕絢香(小6)
ウクライナの歌 鶴 石井啓一郎 石井啓子
ポンポンピアノ 思い出のアルバム 増渕ほのか(小2)
平吉毅州 真夜中の火祭り 米本一青(小2)
外山雄三編曲 浜辺の歌 石井陽子 石井啓子

というプログラム。皆に配るプログラムは晴香がipadで上手に作って印刷してくれた。中学1年生。こんなこともできるようになった。彼女は中学で吹奏楽部に入りユーフォニウムを吹いていてヴァイオリンはしばしお休み。参加者は中井の母 米本幸子、米本宏二郎一家3人、加藤一家(妹家族)2人、増渕一家(陽子家族)5人、岡崎一家(叔母)4人。
母の本番に向けての練習は95歳にしては並々ならぬものだった。日頃腰が痛いと言っているのに、ピアノに向かっている時間はそれを忘れるようで、もう止めたらとこちらが思う程一生懸命練習していた。昔はある程度弾けていたのだと思うが、私が生まれてからは一度もピアノに触れたことがなく、私も一度も母の演奏を聴いたことがなかった。それが、中井にある昭和8年製のピアノをなんとか弾けるように直してもらったお陰もあって、70年ぶりに母は弾いてみたいと思うようになった。本業の書にも向かているが、ピアノの方が楽しいらしい。
頑張れ、96歳 ウサギ年!!

元旦コンサート9
愛の挨拶

元旦コンサート8
ショパンのワルツ

元旦コンサート7
G線上のアリア

元旦コンサート6
クレメンティのソナチネ

元旦コンサート5


元旦コンサート4
ポンポンピアノと思い出のアルバム

元旦コンサート3
真夜中の火祭り
元旦コンサート2

浜辺の歌