潮風を浴びながらちょっとドライブをした。
と言っても宏樹庵から20分弱。国道188号線を下る。由宇駅を過ぎてまもなく、潮風公園みなとオアシスゆう。
今朝の新聞に7月のオープンに先立って山口県にある海水浴場44箇所の水質検査の結果が発表された。ここ潮風公園は「特に良好」と出ていた。
由宇町は今は岩国市に吸収合併されたが、元は独立した町で私の従妹筋の人が町長をやっていた。彼の在任時代に大がかりな開発に取り組み、この公園が出来た。
ビーチは450メートルとかなり長いし、砂浜も広い。海岸に沿って散歩道もあり、イベントスペースや野菜、海産物などを売るお店もある。工事をしている時は、そんなにお金をかけて本当に人が集まる所になるのだろうかと心配したが、結構好評のようだ。
きょうはまだ人もまばらだったが、梅雨の晴れ間の海風は気持ちが良かった。

すぐそばに港があり、江戸時代から北前船の寄港地だったそうだ。明治のはじめ頃は、米、木材などを運び出し、交通の中心地だった。
漁業も盛んで、エビ、アジ、カレイ、タイ、その他いろいろ獲れる。この辺りのスーパーには瀬戸内海産の魚がずらりと並んでいて、どれもおいしそうだ。お寿司屋さんに行っても、まず注文するのはアジかコイワシ。ここで食べるようになってからは東京のお刺身が食べられなくなった。
そういえば、町長がまだ在任中、漁船に乗せてくれたことがあった。
底引き網漁船で、網を海底に沈めて走る。あとで引き揚げた網の中にはカレイやらタイやら、いっぱい入っていておすそ分けにあずかった。

 うすもやに遠のく梅雨の瀬戸の島


海辺の施設


海辺の施設

誰かが砂浜に残したモニュメント
誰かが砂浜に残したモニュメント

海水は透き通っていた
海水は本当に透き通っていた

瀬戸内海の魚が並ぶスーパーの売り場
瀬戸内海産の魚が並ぶスーパーの売り場


 
竹林が黄色く染まっていた。風に乗って竹の葉がひらひらと舞って、宏樹庵の入り口の小径を埋めた。あっちにもこっちにも竹の子がニョキニョキ伸びて、空気も地中も生命の力に満ちている。

5月2日から恒例のミュージックキャンプが始まった。毎年この季節に開催して今回11回目。
1日に東京からの参加者が到着。2日と3日は宏樹庵のすぐ上の自治会館でレッスンが行われた。
参加者18名のうち、家族連れで来た人はふれあいパークに泊まり、そのほか単身で来た人は宏樹庵で寝食を共にした。その人数は石井家の人数を合わせると17人にものぼり、宏樹庵のあちこちから練習の音が聞こえてきて、熱心な人は夜の11時過ぎまで練習していた。
宏樹庵と自治会館は歩いて2分の距離にあり、練習をしてからレッスンに行くのは楽だったことと、食事は参加者のお父さん、岡崎シェフと、啓&啓倶楽部の藤重さんのお陰で、ふれあいパークの食事とは比べ物にならないくらいおいしかったことで、皆の満足度はかなりのものだったようだ。
初参加の人は3名、その他は皆何回目かの人ばかりで、子供たちは再会を喜び、お互いをライバルとしても認めあっていた。今回の最若年者は8歳の男の子で、ミュージックキャンプ2回目。昨年よりかなり上手になっていた。ピアノを弾くことが何よりも好きなのだそうだ。ほかの子供たちもそれぞれに上達していて、聴きに来てくださる人達が‘毎回子供たちの成長ぶりが楽しみ‘と言うのもうなずける。又、3日間という短い期間に、子供たちが皆、教わったことを自分なりに吸収して曲を仕上げようとする集中力にも毎回感心させられる。
最終日4日の午後2時からふれあいパークのイベントホールにて「散歩がてらのコンサート」が開かれた。コダイ作曲のヴァイオリンとチェロのための二重奏曲などの難曲から、楽しい曲までバラエティに富んだプログラムで、聴衆も演奏者も楽しんでいた。


道の脇に伸びた竹の子
宏樹庵の入り口の小径の脇に伸びてきた竹の子


レッスン風景2
自治会館でのレッスン

カレーの仕込み
カレーを何時間もかけて煮込む岡崎シェフ

縁側で練習
宏樹庵の濡れ縁で練習

本番2
熱演!!コダイ作曲ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲

本番1
8歳と10歳の姉弟の共演


6月に京都、東京で 石井啓一郎ヴァイオリンリサイタルが催されます。
今年のリサイタルはシューマンの第2番のソナタを中心に演奏します。

Frei aber
Einsamkeit(自由に しかし 孤独に)を旗印に人間を音楽のなかで追及したシューマンは今の世で最も求められている音楽家の一人です。

今年6月8日でちょうど200歳になります。


石井啓一郎ヴァイオリンリサイタル2010

(ポスターデザイン:宏二郎)

日時:2010年6月3日(木) 19:00開演

会場:京都コンサートホール小ホール

全席自由 3000円


日時:2010年6月10日(木) 19:00開演

会場:東京文化会館小ホール

全席自由 4000円

ヴァイオリン:石井啓一郎

ピアノ:石井啓子

プログラム:

シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ Op.137-3

サティ:左と右に見えるものー偽りのコラール 盲目のフーガ 筋肉質な幻想

ロージャ:北ハンガリーの農民音頭と舞

コダイ/シゲティ:ハーリー・ヤノシュ

シューマン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 op.121

お問い合わせ:

大地の会 TEL.042(343)3455 kayishii0410@ybb.ne.jp

日本フィル:TEL.03(5378)5911

東京文化会館チケットサービス:TEL.03(5685)0650

京都コンサートホール:075(311)3090


後援:(財)日本フィルハーモニー交響楽団 日本フィル協会 ユーコートアンサンブル 啓&啓倶楽部


チケットは上記問合せ先の他、啓&啓倶楽部のホームページからもお申し込みになれます。


↑このページのトップヘ