あたりの空気には蝉の声が充満していた。
そんな中で、ひっそりとうばゆりが花を開いた。

先月見た時のあのムクムクとした勢いはもはや失せ、背丈もそれほど伸びないで、たった一つの花をつけ、それが私の帰りを待っていたかのように、宏樹庵に帰って2日目の朝、開いた。静かに咲いた。
このたびは3日間の滞在だったので、最後を見届けることができなかったが、あと何日くらい咲いているのだろうか。そばのもう一つの株の蕾も咲きそうだ。
葉はそんなに痛んでいない。しかし、命の終わりを知っているかのような姿だ。
よくぞ私の帰りを待っていてくれたものだ!

今年は梅雨が平年よりずいぶんと早く明け、7月初めから暑い日が続いた。それが20日頃からちょっと一段落して少ししのぎ易くなった。
私が帰ってきた翌日の朝は、早朝からひどい雷雨で、岩国市内でも落雷による火災や、土砂崩れで山陽道通行止め、山陽本線も午前中不通になったほどだった。
でも雨のお陰で朝晩は涼しい。

父が亡くなって1年経ったのでお墓参りに行った。
対向車が来ないようにと祈りながら、のろのろと山道を走る。
幸い誰にも会わなかった。まわりの林の蝉時雨をあびながら、草取りをし、水をかけた。
母も元気で、個展などもやりたいという気力もまだ残っていることを報告して帰った。

   墓参り蝉の声ほか音は無し



宏樹庵の入り口に咲いたうばゆり


   うばゆりを井戸守として武家屋敷   紅樹

この句が頭にあったので「うばゆり」は「乳母百合」だとなんとなく思っていて、何か仏に近い存在のように感じていた。
星野村という美しい村に住んでいる山本源太さんという詩人で陶器なども作っている人のお宅に伺った時、広い庭のあちこちにうばゆりが咲いていて、石井が宏樹庵に植えたいと言ったら、その後、彼は本当に苗6株と種を送ってくれた。私は大喜びで宏樹庵のあちこちに植えた。ところが、なかなか根付かなくて、青々した葉が出てきたと思っていたら、いつの間にか無くなっていたり、やはり土が合わないのかとがっかりした。ただ一箇所、小径の入り口近くに植えた2株だけはどうにか育つ様子だった。
それが今回、6月20日に帰ってみると、ロケットのような蕾をつけているではないか!
それは見ている間にもぐんぐん上に伸びそうな勢いだ。
うばゆりは、種から芽生えて6~8年してやっと花が咲き、花が咲き終わると枯れてしまうという一生に一度の花の時期を持っている。ということは、源太さんの送ってくれたのは苗ではなくて4年ほど経ったものだったのだろうか。
うばゆりの名前の由来は、花が咲く頃にはもう葉がぼろぼろになって、葉(歯)のない姥のようだからということを今回初めて知った。乳母百合と思っていた私にはちょっと意外だった。長い間子供を育てて、子供が成人したら自分は身を引くという風に思っていた。井戸守をするにも、すっくと立った姿に、何か威厳がありそうだ。
7月に帰ってくるまでに咲いてしまったら残念だ。もし咲いてしまっても、次の世代のうばゆりが是非育ってほしい。

今回はもう一つ、私が仏に近いと感じている夏椿の花も満開だった。沙羅の花とも言う。まんまるな蕾がぽっと開くと、真っ白い花は黄色い蕊を抱いている手のひらのようで、神々しいほどだ。

  うちしきてあしたの沙羅のよごれなし   長谷川素逝

うばゆり


夏椿


 2月27日にディナーコンサートを終えて3月2日に東京に戻った後、4月26日まで宏樹庵に帰って来ることができなかった。
長い留守中に竹の秋が始まり、宏樹庵に入って来る小径には竹の葉がたくさん積もって歩くとふわふわするくらいだった。露天風呂がある2階のテラスには楠の枝葉がうんざりするほど溜まっていた。

陽子が出産のため、3月初めから東京小平の家に帰ってきていた。
3月11日大地震が起こり、更に原発の事故で、陽子のダンナは早く山口に避難しろと言ってきたが、出産直前で移動するのも危険なので思いとどまらせ、予定通り3月18日に小平の病院で女の子を出産。ほぼ3000グラムの元気な子だった。「絢香」と命名。
節電のため、病院のロビーや廊下は暗く、室温も低く設定されていて陽子は寒い寒いと言っていた。水道水に放射性物質が検出され、宇部に住む秀太郎にミネラルウォーターをたくさん送ってもらった。他の方達も心配してそれぞれにミネラルウォーターを送ってくださったので水には困らなかった。
お蔭様でおっぱいは充分に出るようで、次第に絢香は丸々としてきた。
晴香は4月19日で満2歳になり、小平でお誕生会をした。まだ小さいので赤ちゃんが生まれてどんな反応を示すか少々不安だったが、どんどん言葉を覚える時期になって、
「あやちゃん、ちいさくてかわいい~っ!」
などと、早くもお姉さんぶりを発揮している。絢香が泣くと見に行って、
「そんなに泣かないで。」
と言ってくれる。

4月24日に東京での演奏会が終わり、5月の連休中岩国で開催されるミュージックキャンプの準備のため26日には岩国に帰らなければならなかった。
震災などが起こらなければみんなを連れて帰るつもりはなかったのだが、まだ余震が続いていたので思い切って生後一月の絢香も一緒にみんなで新幹線に乗って岩国に帰った。

広い宏樹庵の中を晴香は朝起きてから夜寝るまで、ドッドッドッと、ずっと走っていた。歩いて移動することを知らないようにいつも走っていた。
4月中はまだ居なかった蛙や蟹が5月になってどこからか姿を現わした。
悪いことにムカデまで出現してヒヤッとした。
田植えの季節を迎えた。これからはいろいろな虫や小動物たちが来ることだろう。
5月10日にみんなで東京に戻った。
8月にまたみんなは宏樹庵に来る。絢香もその時はいろいろな物が見えるようになっていることだろう。



絢香を抱っこする晴香



絢香一月



小道には竹の葉が積もっていた


↑このページのトップヘ