小さな天道虫、蜘蛛、蟻、蛾、イモリ・・・

宏二郎の描く絵には人が見過ごしてしまいそうな小さな生き物達が登場する。

宏樹庵ディナーコンサートと同時に開かれた宏樹庵ギャラリーでの宏二郎展は2月28日から一週間開催され、3月6日に終えた。
宏樹庵は街中にあるわけではなく、目立つ標識も無いので、一般の人には大変分かりにくい場所だが、熱心な方々が延べ70名余り見えて、独特の色彩と光と影の絵に感嘆の声をあげていた。
初日に見にいらした方が感激して、徳島の知り合いを誘ってそのお知り合いの方はわざわざ徳島からこの宏二郎展のために出ていらして最初の方と一緒にご覧になった。光市から新聞を見ていらした方もあった。
家全体も芸術の一部となって、宏二郎の絵と共にお客様を喜ばせたようだった。

宏二郎が1歳半の時妹が生まれたので、ベビーカーは妹専用になって彼はよく歩いた。
よく歩いたが、よく立ち止まって足元の石ころや虫たちに見入って動かなかった。
一人で遊んでいる時も、走り回るより道端にしゃがみ込んでいることの方が多かった。そんな時は、気持ちが足元に集中しているので、呼んでも聞こえなくて、
「この子は耳が悪いのでは?」
と本気で心配したこともあった。

彼が今描いているのは幼い時から見ていた虫たちで、やはり3歳までの感動は終生持ち続けるものだと、改めて思う。

昨年孫が生まれた。今、10ヶ月。
ディナーコンサートと防府の保育園でのコンサートに出演するために陽子は子連れで宏樹庵に来て、10日ほど滞在した。孫にとっては初めての長旅だし、人見知りするようになっていたので、初めての環境の中でどうなるかと思ったが、広々した家の中でハイハイが上手になり、もうすぐ立つほどに成長した。様々な人と出会い、様々な反応を示した。自分の家とは全く違う状況でもあまり臆することなく、どんどんいろいろな事を吸収しているのが見てとれた。
この幼い経験を見守ろう。育もう。
きっとのびのびと成長してくれることだろう。




天道虫の絵




床の間の絵




宏二郎展1




宏二郎展1


 2月28日(日)宏樹庵ディナーコンサートが無事終わった。

前日の激しい雨で、せっかく散らずに保っていた庭の梅の花はもう一輪も残っていなかった。でも、玄関前の壷にはスタッフの庭からもらってきた大きな枝が活けられ、うす桃色の梅の花が見事に咲き誇ってお客様をお迎えした。

4時頃からお客様が集まり始め、5時開演。今回はフルートの石井陽子も宮城道雄の春の海など3曲を披露。いつものチゴイネルワイゼンで閉じるまで1時間15分ほど演奏が続いた。

それから少しの休憩をはさんでディナーが始まる。

岩国寿司、大平、ハスの酢の物、お刺身、牛のたたき、鰆の南蛮漬け、地鯵のおからまぶし、春野菜の白和え、ポテトサラダ、きんぴら、カナッペ、八朔と柳井いちご。すべて地元の素材で手作り。

食器は大きな竹を輪切りにしたもの、縦割りにしたもの。これもスタッフの手作り。これだけ太い竹を探すのも大変だし、それを切り出してきて節をうまく使ってすべすべのお皿にするにはいろいろと道具が要る。お酒をバーベキュー用のコンロでお燗をする竹もいつも作る。初回の時より改良されて、お酒が上手に注げて、注ぐ時、立てる時にトクトクトクと良い音が鳴る。取り箸にも工夫が凝らされている。青い竹の色を一つの面に残し、先を細く、磨いてある。コップも竹製。口当たりが良いように昨年も上側が薄く削られていたが、今回は竹の青さを損なわないように内側が削られていた。これを40個余りも作るのだから相当手間がかかっている。お客様の中には大層これが気に入って持って帰る方もいらした。

庭の竹灯篭は宏二郎が作る。スタッフが取ってきてくれた竹をのこぎりで適当な長さに切って、いろいろな角度に切ったり、切り込みを入れたりして中にろうそくを点すと、竹の内側がほんのり赤く染まり、光が揺れる。庭のあちらこちらに大小の竹灯篭を並べ、陽が落ちると庭は幻想的世界になる。

ちょうどこの晩は十三夜で、ほとんどまん丸のお月様が楽しげな宴を天上から見ていた。


月が見ている竹灯篭


月が見ている竹灯篭

石井陽子の演奏「春の海」

宴たけなわ

スタッフ作成の竹コップ


ふるさとに帰りし雛の笑みの顔

 昨年孫が生まれて今年は初節句なので、私の実家に眠っていた古いお雛様を譲り受けて宏樹庵の床の間に飾った。

段々も緋毛氈も無く少し手間取ったが、並べ方などは近所の家のお雛様を参考にしてやっと飾り終えた。


お雛様


このお雛様は相当古いもので、でも、お内裏様たちはたいそう気品があり、三人官女の右の立っている人は大奥の女の人みたいに少し上向き加減に微笑んでいたり、真ん中の座っている人は少し頭を傾げて奥深そうにしていたり、五人囃子もそれぞれ皆違う表情で楽器を演奏しているなど、老若男女、凛々しかったり内気そうだったり、とても表情が豊かだ。柄帽子や持ち物も凝っていて、特に刀は3本とも抜けるようになっており、鞘は黒塗り、抜き身はピカピカでまるで刃があるような作りには驚いた。


左大臣




筒持ちの人

五人囃し



父は、このお雛様は、父の母がお嫁に来た時持ってきた物かも知れないから100 年近く経っていると言っていたが、叔母に聞いてみると、元々あったお雛様は戦争で全部焼けてしまって、父の父が戦後すぐ、闇市でいいお雛様を見つけて買ったのだそうだ。「そのお雛様を売った方は余程食べる物に困って止む無くそれを手放したのだと思う、私が10歳くらいの時だったけど、このお雛様は古来から伝わった物だと感じた。」

と、叔母は話してくれた。それを買った時から既に段々も緋毛氈も無かったそうで、祖母は着物の裏地を緋毛氈の代わりに使っていたそうだ。

結局、どんな作り手が、いつこのお雛様を作ったのか判らず仕舞いになってしまったが、こうして飾ってみると、何かお雛様には心が宿っているようで、ふるさとに帰って日の目を見て、うれしそうに見える。

孫がこのお雛様を目の前にしていたずらをするかと心配したが、孫の心にも手出しが控えられる程、お雛様の存在感の方があるらしい。

 鶯がいっせいに鳴き始めた。



↑このページのトップヘ