シンフォニア岩国での演奏会のため、8月10日に陽子と子供たちを連れて宏樹庵に帰った。

20日の演奏会が終わるまでは練習があったのであまり遊べなかったが、22日に子供たちの父親も来て、23日一緒にサファリパークへ行った。
折悪しく美祢地方に大雨警報が出されるほどの悪天候だったが、高速を降りてカルスト台地を行く頃には雨もだんだん収まってきて、サファリパークでは小降りになった。動物達の中には雨を避けて屋根の下に並んで入っている水牛などもいたが、車に乗ったままだんだん奥深くへ進み、大きな柵を越えるとライオンやトラなどすぐ近くで見ることができた。動物園のような檻の中に入っていないので少々危険も感じたが、監視員があちこちで見張っているようだった。
最後にふれあい広場があって、ヤギやカンガルーに餌を与えることができた。初めは怖がっていた晴香もだんだん大胆になってヤギに指をかまれそうだったが、何度もあげていた。

24日と27日には錦帯橋の所の川で遊んだ。
特に27日は子供たちがたくさん来ていて、少し年上の女の子が腹ばいになってバシャバシャしているのを見て、顔に水がかかるのが嫌いな晴香も少し水の中に入って泳ぐまねをした。石が好きで、いろんな石を拾っては集めたり投げたりしていた。

海には赤潮が来ているから泳げないと聞いていたので諦めていたが、28日にお土産を買いに由宇の潮風公園に来てみると、もう夕方だったのにたくさんの子供たちが遊んでいた。海水はとても澄んでいて、これならもっと早く来れば良かったと思った。ちょっとだけ砂遊びをして、かき氷を食べて帰った。

そして29日宏樹庵を後にした。

晴香は2歳4ヶ月だが、このところずいぶん言葉が話せるようになった。
いろいろと大人に指示を与えることもあって、例えば階段の降り方にしても、誰かに甘えたい時は
「バアバ、助けて!助けてよう!」
と叫んだり、
「お手々つないで」
と言ったり、
「順番!!!」
と言って自分が一人先に降り切るまで大人を上で待たせたり・・・
5ヶ月の絢香も宏樹庵にいる間に離乳食を始めた。ヨーグルトににんじんなどを混ぜたものをおいしそうに食べる。晴香は怪獣のような勢いがあり、時には絢香の上に乗りかかってしまうようなこともあるが、基本的には小さい妹をとても可愛がっている。
今度宏樹庵に来るのは来年の2月。二人ともどんなに成長していることだろう。



ライオンの赤ちゃんを抱っこして記念撮影


ヤギにえさを
「あっ、痛い!やぎさん、指を咬んだよ。」


前の日の雨で川は増水していて錦帯橋のたもとの中洲は無くなっていた。


晴香 2歳4ヶ月



 8月20日土曜日午後7時からシンフォニア岩国多目的ホールにて石井啓一郎ファミリーコンサートが開催された。
演奏会のタイトルを「ヴァイオリンとフルートとピアノの夕べ」から「石井啓一郎ファミリーコンサート」に変えてのコンサートだったが、今回がちょうど10回目。
スタッフ達も受け持ちの係りに慣れて、5時半に集合すると持参のおにぎりなどでお腹を少々落ち着かせてすぐにアンケートや演奏会のチラシの折り込みにかかり、受付の準備をする。
6時15分開場。7時開演。
石井啓一郎ヴァイオリン、石井陽子フルート、石井啓子ピアノの3人でエルガーの「愛のあいさつ」を演奏。いつものような暖かい雰囲気のうちにコンサートが始まる。
ブラームスの「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番」は30分ほどの大曲。クラシックを聴くのもだいぶ慣れてきた様子のお客様達は真剣に聴き入っていた。
後半は石井陽子のフルート演奏で「カルメン幻想曲」と2つの日本の歌「ふるさと」「夕焼け小焼け」。石井陽子の舞台は若い女性の華やかさがある。大変好評だった。
ヴァイオリンの演奏に戻ってフーバイの「そよ風」、そして最後はいつもの「チゴイネルワイゼン」。
終演後、3人がロビーに立つと、お客様からは「やはりファミリーの演奏は音が違う。」などと口々に感想を述べられていた。



会場前に置かれた看板


受付の様子


演奏した3人


演奏者に花束を贈る小学生


 あたりの空気には蝉の声が充満していた。
そんな中で、ひっそりとうばゆりが花を開いた。

先月見た時のあのムクムクとした勢いはもはや失せ、背丈もそれほど伸びないで、たった一つの花をつけ、それが私の帰りを待っていたかのように、宏樹庵に帰って2日目の朝、開いた。静かに咲いた。
このたびは3日間の滞在だったので、最後を見届けることができなかったが、あと何日くらい咲いているのだろうか。そばのもう一つの株の蕾も咲きそうだ。
葉はそんなに痛んでいない。しかし、命の終わりを知っているかのような姿だ。
よくぞ私の帰りを待っていてくれたものだ!

今年は梅雨が平年よりずいぶんと早く明け、7月初めから暑い日が続いた。それが20日頃からちょっと一段落して少ししのぎ易くなった。
私が帰ってきた翌日の朝は、早朝からひどい雷雨で、岩国市内でも落雷による火災や、土砂崩れで山陽道通行止め、山陽本線も午前中不通になったほどだった。
でも雨のお陰で朝晩は涼しい。

父が亡くなって1年経ったのでお墓参りに行った。
対向車が来ないようにと祈りながら、のろのろと山道を走る。
幸い誰にも会わなかった。まわりの林の蝉時雨をあびながら、草取りをし、水をかけた。
母も元気で、個展などもやりたいという気力もまだ残っていることを報告して帰った。

   墓参り蝉の声ほか音は無し



宏樹庵の入り口に咲いたうばゆり


↑このページのトップヘ