IMG_0817


昨年6月30日宏二郎展に合わせて波佐見から7人の方々が来訪した。日本フィル波佐見支部のメンバーだった。
ゆっくり絵を見ていただいて、その後宏樹庵でお茶を飲みながら歓談、夜も岩国市内の居酒屋で懇親会が設けられた。そこで波佐見での私達の演奏会が提案され、今年の10月の開催が決まった。

それから1年。夏の終わりには素敵なチラシが出来上がり、日本フィルの九州各地の実行委員会その他に配られ、チケット販売が始まった。
そして迎えた10月19日の本番。昼の公演だったので私達は前日に波佐見入りした。着いた時は真っ暗で何も見えなかったが、朝起きてみたらホテルの窓からは既に刈り入れが終わった田んぼが広がっていて気持ちよかった。

演奏会場は昭和12年に建てられ小学校の講堂などとして使われていた建物を近年修理した場所。古い木造建築だがとても立派だった。午前中会場練習してみると、大変音響がよく、古い木材だからこその柔らかい豊かな響きでびっくりする程だった。
14時開演。シューマンのロマンスを皮切りにブラームスのヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番、休憩を挟んで外山雄三の山口民謡、サラサーテのプレイエラ、バスク奇想曲、チゴイネルワイゼンなどが次々と、話も交えながら続いた。
何十年も前に訪れた長崎川棚のM氏が来てくれて、あの時は伊藤静雄の話で弾んだことを思い出して懐かしかった。

翌20日の朝、少しだけ時間があったので、波佐見焼の窯元が集まっている集落と、その反対側の鬼木棚田を見に行った。日本の田舎、どこの地域も高齢化で人口が減っているのに、この地域は人口も減らず、むしろ若い人たちが移り住んできているとのこと。波佐見焼の特徴は古くから何代も続いている窯元があるわけではなく、若い人が自由に作陶できること。それに町全体が分業になっていて土をこねる人と絵付けをする人など、町全体で器を作っていく仕組みになっているそうだ。作品も何万円もする美術品ではなく、江戸時代から、丈夫で割れにくく手ごろな価格で手に入れることのできる器として親しまれてきた。時代に合わせて変化しつつある活気も感じだ。日本フィルの波佐見支部のメンバーにも若い人が何人かいた。また訪れたい町の一つとなった。

20日の夜は八女市の明永寺中庭ホールでの演奏会。
4時くらいに行けば会場練習できるのかと思っていたが、突然の法事が入り5時過ぎまで使えなかった。
岩国を出る時はとても寒かったので中庭となると風が冷たかったらドレスは袖がないしどうしようかと心配したがとても良いお天気で夕焼けもきれいだった。普段は法事などに使う部屋を演奏会場として能舞台のようにしつらえてあって、夜風を感じながら演奏するのは初めてだったが好評だった。

21日は田川の添田駅の近くの100人弱のホール。満席だった。
前座にオカリナの合奏もあり、気分がほぐれたところで私達は80分ほど演奏。間近で聴く演奏に皆感激していた。生きていく力をもらいましたと言われて嬉しかった。

IMG_0803 (1)
演奏会場となった波佐見講堂

2019八女1
Photo by t.SAKAMOTO
明永寺中庭ホール

2019八女2
photo by t.SAKAMOTO
会場練習が終わるころ空は夕焼けに

2019
photo by t.SAKAMOTO
本番

2019八女3
photo by t.SAKAMOTO

DSC_1228
添田のホールに集まって下さった方々と






9月14日に始まったミュージックキャンプ宇部は16日の成果披露発表会で幕を閉じた。
翌17日は平日なので、西宮や東京などから参加した人たちは終演後の打ち上げには参加せず皆帰っていった。
今回参加したのは、合奏のみ参加の人も含めると36人。子供は高校生2人、中学生1人、小学生4人の7人。大人に交じってドビュッシーのピアノ三重奏曲やラヴェルの弦楽四重奏曲など難しい曲に取り組んだ。講師はヴァイオリン石井啓一郎、チェロ桜庭茂樹、ピアノ石井啓子の3人。14,15日の2日間は全部で19曲あるグループを二手に分け、そのうちピアノの入った10曲を石井啓子が担当。シゲティ、メニューインら、戦後来日したそうそうたる演奏家が宿泊した俵田邸の応接室で朝9時から、また、隣のふれあいセンターにて10時から熱のこもったレッスンが続けられた。
昨年は台風の直撃予報があり大変だったが、今年は3日間本当に良いお天気に恵まれた。
レッスンの後、ユースホステルでは江波シェフのトリの丸焼きやおでんなどのご馳走が並び、参加者の会話も弾む。ユースホステルの支配人さんはこのミュージックキャンプの開催中は館内を貸し切りにしてくれて、台所も冷蔵庫も使いたい放題。本当にここがあってこそこんなキャンプが実現するのだと、改めて感謝の念を深くした。
16日の発表会にはたくさんの方々が来られ、暖かい拍手で応援して下さった。演奏も、それぞれのグループはたった2日間のレッスンにもかかわらず、皆上達し、特に子供たちの成長ぶりは楽しい。終わった後、来年はこんな曲をやりたいと希望を言える子もいて、頼もしい限りだ。大人たちと一緒に切磋琢磨して作り上げた曲を弾き終えた時の満足感があれば、これから長い自分の道のりでも、きっとしっかり生きていけると思う。

70663481_2331899210238735_4291729844141555712_n[1]
俵田邸でのレッスン風景。俵田寛夫さんのお写真がいつも見守ってくれる。
IMG_0722
ドヴォルザークの弦楽三重奏曲。大変美しい曲だった。

IMG_0727
講師や参加者が宿泊している宇部ときわ湖畔ユースホステル
IMG_0729
ユースホステルの窓の外には常盤湖が広がり、岸辺にはジンジャーの花が咲き誇っていた。

IMG_0737
16日の発表会会場。日立建設のホール。

IMG_0736
合奏の練習。今回の曲はEine kleine Nacht Musik





子供たちが夏休みになって岩国にやってきた。
宏二郎がツリーハウスにテントを張ってくれた。
晴香と絢香はお風呂に入ってパジャマに着替えたあと、さっそく嬉々として自分の枕を持って泊まりに行った。
10時ごろ陽子が様子を見に行ったら、とても楽しそうにしていたとの事。でもテントの中は昼間の熱がこもってサウナみたいだったそうだ。11時ごろには静かになったので無事寝付いたかなとこちらで話していた。ところが夜中の1時半ごろになって、二人は
「暑くて眠れな~いっ!!!」
と言って帰って来た。テントの入り口は陽子が網戸にしてくれたのだが、やはり暑かったか。

そこで今度は押入れにしまい込んであった昔の蚊帳を引っ張り出してきて、適当な柱が無かったのだが、木と木をロープで結び、そこになんとか蚊帳をひっかけて吊るした。昔の蚊帳なので麻製で、虫食いもなくきれいだった。
床もきれいに掃除した。
晴香たちは茣蓙をそこに敷き、今日はそこに寝ると言っている。
今日は東京からもう一組の家族が来て、子供が7人になる。
みんなはどういう反応を示すかな?

IMG_0687
ツリーハウスにテントを張る
ツリーハウスの蚊帳
今度は蚊帳を吊る



↑このページのトップヘ