1月9日、10時ころホテルを出て、今日は竹原の古い街並みを散策してお蕎麦を食べようと計画していた。

フェリーから降りてナビの通りに進んで行くと、石畳の狭い道に入り込んで、駐車場も有りそうになくて困った。
仕方なく誰かの家の場所と思われるスペースに車を停めて、近くの小さな展示場の受付の人に車を停める所を聞いた。道の駅まで戻ると良いと教えられ、やれやれやっと安心した。
石畳の道の両側に古い木造の家が立ち並び、なるほど歴史を感じることが出来た。そして観光案内のパンフレットに載っていた酒蔵で蕎麦を作っている所をやっと探し当てて来たものの、今日は何と臨時休業だとの事。仕方なく、ここに来るまでに横目で見た蕎麦屋に入ってみた。
椅子が10余りしかない狭い店。60くらいの主人が一人でやっていた。先客は3人。主人は少々お待ち下さいと言っただけで水もおしぼりも出てこない。先客に天ぷらを供した後、やっと注文を取りに来た。辛味大根のおろしそば二つ。
待つこと30分。
店の片隅に6弦のヴィオラ・ダ・ガンバやリコーダーの古い楽器などが並べてあった。
BGMにはシュトラウスが流れていて、お正月だからこの曲なのかしらと石井と話していた。
お蕎麦は美味しかった。
帰り際、支払いを済ませて石井がちょっと楽器のことを主人に聞いてみると、なんとその主人は熊本出身だが、岩国に40年ほど前に住んでいて日本フィルを呼ぶ手伝いをしていたとの事!!! 住んでいたのは4年と言うが、藤生という駅も知っていて大変懐かしがっていた。日本フィルで新世界やベートーヴェンの第九も聞いたと。
何という奇遇! 酒蔵の蕎麦屋が開いていたらここには来なくて、ずっと出逢いはなかっただろう。
また来ますと約束して店を出た。
店の看板の所には私たちにお蕎麦を出したあと、売り切れですとの表示が出してあった。

IMG_0449
器にも凝っているようだった。
IMG_0450
営業時間は16時までなのに今日はもう売り切れ。


1月8日、大竹から高速に乗って東へ。晴れてはいるが暖かいせいか山々は少し霞んでいる。河内で降りて竹原を目指す。竹原港へ着いたらフェリーがちょうど出航するところだった。時間を調べて行ったわけではないのだがタイミングがすこぶる良かった。フェリーは25分ほどで大崎上島の垂水港に着岸した。ぐるっと島をめぐって愛媛県境側の海岸に建つ清風館へ。ここへは3年前にも来ていてお気に入りのホテル。1月4日までは満室だったそうだがこの日は空いていてお風呂もほぼ独占状態だった。この辺りは瀬戸内海のうちでも最も島が多く点在している所で、山が幾重にも重なって見えるように島々が見える。そのいくつかの島には、しまなみ海道のように本州から橋がかけられて車で行き来できるのに、何故かこの大崎上島だけは橋がなく、フェリーでしか行けない。この島に住み、この島が大好きと言うホテルの接客係の女の子に聞くと、橋をかけないのは国や県の補助を受けるためかもしれないとの事。7500人余りが住むこの島で働く人は主に造船業に携わっているか、みかんやブルーベリーなどの農業をやって生計を立てているものと思われる。将来に向けて広がりの無い収入を考えると補助という選択肢も馬鹿にできないのかもしれない。最近、この島に中高一貫教育で英語を重視した全寮制の学校が出来た。募集したら定員40名のところ5倍の申し込みがあったそうだ。この春開校と聞く。どんな生徒たちがどんな先生にどんな授業を受けるのか興味がある。
ホテルのすぐ下に海水浴場があり、今は誰もいなかったが水がとてもきれいだった。大きな船や小さな漁船が行き交う。ホテルの窓から見える島々は全て愛媛県で、この海が広島県と愛媛県の境になっている。窓の右の、この上島の地続きの山に陽が沈んだ。次第に島々は黒い影となり、いつまでも明るい海もやがて夜の帳の中に消えた。

翌朝6時55分頃から東の空が赤く染まり、次第に明るさを増し、7時28分頃ようやく真ん丸な太陽が顔を見せた。陽の昇ってくる音が聴こえそうな位の静寂の中の動き。一日の始まり。
朝日の差し込む露天風呂の湯気は風にあおられてくるくると舞っていた。

IMG_0408
竹原港からフェリーで。
IMG_0405
重なる島々
IMG_0424
ホテルの窓から。見えるのは愛媛県の島々。遠く四国は今日は霞んでいる。
IMG_0420
IMG_0411
大きな船や小さな漁船が行き交う。
IMG_0412
ホテルの下の海水浴場
IMG_0417
水は大変きれいだった
IMG_0423
海水浴場から見上げたホテル
IMG_0429
窓の右の山に陽が沈んだ。

IMG_0431
翌朝の7時少し前
これから陽が昇って来る。
IMG_0432

IMG_0434

IMG_0435

IMG_0440 (1)

IMG_0441

IMG_0446 (1)
一日の始まり。













12月25日東京文化会館で開かれた石井啓子アンサンブルシリーズが終わった。
クリスマス当日だったのでどの位お客様が来て下さるか心配だったが、結局350人余りの入場者で客席はいっぱいに見えた。プログラムはスーク エレジー、マルティヌー  フルートソナタ第1番、ブラームス トリオ作品101、ドヴォルザーク トリオ「ドゥムキー」。肩の力が抜けない曲が続く。

初めての練習は11月6日。マルティヌー は今回初めて挑戦する曲だった。 複雑なリズムでフルートだけで吹いていると何という事も無い部分でもピアノパートは後打ちだったり、16分音符分ずれていたり、拍子が違ったり、、、。ブラームスやドゥムキーは以前アンサンブルシリーズで取り組んだ事のある曲だったにもかかわらず、全く初めての曲のようにお互いのパートのやり取りが難しかった。譜面を一から読み直してみると全く今まで気が付かなかった事がたくさんあった。前は何を考えて弾いていたのかと思う程だった。演奏会前日になってハッと気が付いた箇所さえあった。当日の会場練習でようやく何とか満足のいくような形となって本番を迎えた。

美しいメロディのスークで幕を開け、マルティヌー は陽子はいつもの暗譜で臨む。独特の人を引き寄せる演奏で陽子ワールドが拡がった。ブラームスもドゥムキーもチェロに大いに助けられた。1曲目のアンコール ユーモレスクが終わって最後の締めはクロンケの蝶々。何か蝶々のリボンでも付けて演奏しようかとみんなで相談したところ結局、磁石の付いた色々な色、大きさの蝶々を譜面台にくっ付ける事になった。演奏するのは若い女性二人と私なので舞台が見違える程パッと華やかになったそうだ。ふわりふわりと蝶々が舞うような演奏が終わると珍しく「ブラボー!」の声が上がった。

今回アンサンブルシリーズは29回目。来年は30回となる。桜庭さんと組んでからは5回目。 本当に素晴らしいチェロの音色に包まれて私は幸せだ。
もう少しだけ続けようと思う。 

DAB1BCA2-6B12-411D-8CC9-A043CA3934ED
ロビーでは宏二郎の絵葉書の販売も。晴香たちお手伝い。
A5894EE4-C575-4EE6-B684-5422993851A1
終演後のご挨拶 

↑このページのトップヘ