桜開花2018
宏樹庵から3分くらいの所の川沿いの桜、ようやく咲き始めました。

3月24日(土)午後2時よりシンフォニア岩国多目的ホールにて石井啓一郎ファミリーコンサートが開催された。
昨年4月1日に開催したところ、新年度の行事と重なって来れない人がいたので、今年は3月24日にしたのだが、今度は終業式がまだ終わっていなかったり、卒園式と重なったり、いろいろ都合が付かないことが後になってわかった。
一緒に演奏する陽子のところの子供たちも23日には来れず、一番下のほのかだけ連れて陽子は来た。
会場練習の時もほのかは一人で客席に座って聴いていた。本番の時は一人で楽屋で待っていた。お姉ちゃんたちがいれば安心なのだが、まずはよく我慢してくれた。
プログラムはシューマンのロマンスから始まり、続いてシューマンのヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番の1楽章と予言の鳥。3人での演奏によるベームのメンデルスゾーンとラハナーの歌による3つのデュオ。ディリアスのフルートソナタ。休憩後、モーツァルトのヴァイオリンとピアノのためのソナタ、ショパンのノクターン、日本の歌「出船」「浜辺の歌」、ドビュッシーの小舟にて、そして最後はいつものチゴイネルワイゼン。
チゴイネルワイゼンの前に石井が話したのは、「この曲は毎回演奏しますが、毎日聴くわけではなく、一年に一度ならいいかと思います。12月になると毎年忠臣蔵がどこかで放送されますが、これもまたそれと同じようなものです。」その話に共感するようにアンケートでも「チゴイネルワイゼンは毎回聴いていますが、今年は技巧がヴァイオリンもピアノも共に素晴らしいと改めて感じました。来年のチゴイネルワイゼンがまた楽しみになりました。」と書いてくれた人がいた。また久しぶりにピアノのソロの曲も入れたが、「よかったので是非来年もソロを入れて下さい。」との声も。
昨年は200人以上のお客様だったのに比べて、今年はそれより少し少な目だったがいつも来て下さる方も多く、感謝している。
来年はどんなプログラムにしようか。アンケートにはブラームスの「雨の歌」と書いた人がいた。

いつまでも寒く、桜がなかなか開かないと思っていたが、ようやく急に暖かくなって咲き始めた。
来週、満開になることだろう。

ファミリーコンサート2018
終演後 楽屋で

ファミリーコンサート2018-2
ベーム:メンデルスゾーンとラハナーの歌による3つのデュオ

ファミリーコンサート2018-3
じっと一人で我慢していたほのかもアンコールの後、陽子のあとを追って舞台に出てきて・・・



2月24日(土)午前11時から防府市向島保育園にて石井啓一郎啓子のヴァイオリン・ピアノコンサートが開かれた。
向島の西福寺が持っている保育園で、ここのご住職さんとは旧知の仲。石井の父の葬儀をきっかけに毎年この時期に始められたこのコンサートは今回で21回目になる。ご住職は音楽好きで、歌曲 などを豊かな声量で歌い、お経もオペラのアリアのように詠む。このコンサートでも必ず1曲歌う事にしており、今年は雪が多かった冬を想い、「雪の降る街」が選ばれた。今年85歳になるというご住職、とてもお洒落でかっこいい。毎週ゴルフに行き、袈裟を脱いだら誰もお坊さんとは思えない。その昔、農繁期になると若いお母さんは赤子を籠に入れて畦道に置き、農作業をしていた。それを見た近所の人達が、それなら赤子を預かって見ていてあげようとお寺に集めたのが保育園の始まりで、「ボランティア」が基本なのに最近はそれを忘れて経営の方に目が向いているからおかしなことになる。養老院もそうだ。と、話す熱い人でもある。 保育園では音楽に力を入れていて、特に日本の楽器、それもおもちゃのような物ではなく、本格的な和太鼓などを多数購入し園児に演奏させている。この日は黒田節を皆で演奏した。
ヴァイオリンとピアノではシューマンの予言の鳥、フーバイのハンガリア詩曲などを演奏した。園児たちはヴァイオリンの奏法の話の中で弱音器を付けると、あっ、音が違う‼︎と、耳聡かった。 
午後2時半からは山口市のさやま保育園で演奏した。
こちらは向島保育園より新しいとは言っても15回目。ここで初めてヴァイオリンの演奏を聴いた園児が昨年20歳になって宇部で開かれた石井啓一郎ヴァイオリンリサイタルに来ていて 歴史を感じましたと園長先生の奥様が話されていた。
長い時間集中して聴くことはまだ難しい年齢ではあるが、 一瞬でも音楽っていいなと思える瞬間があって、生きていく時に何か拠り所の一つになれば嬉しい。

向島保育園1

向島保育園2

向島保育園3



ひすとりあ音楽塾

1月27日(土)午後4時よりヒストリア宇部にて「楽興のウィーン--弦楽五重奏で愉しむ交響曲--」と言うコンサートが開催された。
宇部の上野美科さん主催による年何回かヒストリア宇部で開いているコンサートで今回48回目。上野さんの解説付きで毎回、普通の演奏会ではなかなか取り上げられない変わった曲を演奏している。この日もオーケストラの曲を弦楽五重奏で楽しむという企画。
19世紀は貴族達が大きなホールで音楽を楽しむだけでなく、自分の家の広間などでも音楽を楽しんでいた。ベートーヴェン自身もそういう音楽会のために自らが自分の交響曲を小さな編成用に書き換えている。今日の交響曲第7番もその一つで、編成はヴァイオリン2本、ヴィオラ2本とコントラバス。ホルンのパートをヴィオラが弾いたりして、通常の弦楽四重奏とは全く違う響きが思った以上に新鮮で面白かった。
第1ヴァイオリンを担当した石井にとっても初めての曲で、楽譜は手書きのファクシミリなので読みにくかったそうだが、メンバーは音大を卒業した若い女性達ばかりで、練習も楽しかっただろう。
大変寒い日だったにもかかわらず多くの方々が聴きに集まって来られ、楽しんで下さったようだった。

27

↑このページのトップヘ