岩国市の農林業施設の維持原材料支給制度。
それを利用しての路肩補強工事がこの近所の男衆の手で8月17日と18日の二日間施工された。

事の起こりは7月中旬宅急便が宏樹庵へ荷物を届けた後、ちょっとした油断で小径の路肩を踏み外し、竹やぶの太い竹に支えられて横転はしなかったものの動けなくなってJAFに来てもらって引っ張りあげてようやく小径から抜け出せた事件。宅急便は狭い小径をよくトラックで入って来るが、その日は少し右に寄りすぎた。トラックが出たあと、もともと沈みがちだった路肩は大きくへこんだ。それでも普通車は通れない事はなかったが、自治会長のN氏に相談したところ、彼は市役所に連絡してくれて原材料支給制度を使おうという事になった。それを聞いた時、私は材料をもらったらそれから業者に頼んでやってもらうのかと思ったが、なんと工事は自分たちでやるとの事!!! 都会で育った私には考えられないことだった。
8月7日に土嚢、セメント、アスファルトなどの材料が届いたが、お盆に入ってしまったので工事は17日と18日にやることになった。
17日は4人の人が来て、路肩の落ち葉や余分な土などを取り除いて元の石垣の所まであらわにしてセメントを流し込む板などを取り付けた。18日は9人もの人が来てくれて、セメントを撹拌する人、運ぶ人、流し込む人、アスファルトの下に敷く砂利を運ぶ人、踏み固める人、様々な作業を手際よく行い、8時から始めて11時半頃には作業を終えた。こういう工程をこの近所の人たちはどこでどういうふうに学んだのだろうか。セメントを撹拌する機械を持っていたのは、いつも宏樹庵の手伝いをしてくれるM氏。彼は兼業農家で昼も夜も忙しく仕事を任されて働いているが、電気工事の事も学んで自分の大きな家も自分で建てた。セメントを撹拌する機械もその時購入したものだそうで、もう40年も使っていると言っていた。路肩の工事も中心になるのはやはり彼。彼は田んぼに通じる道の石垣も先日積み上げていた。年齢は81歳。とてもそうは見えない。秀太郎がイタリアから帰って来る年、2003年、宏樹庵の古い蔵を改造して秀太郎の工房にしてくれたのも彼とその仲間達。その3人はとても仲が良くて楽しそうに改造に携わっていた。その一人はもう亡くなったが。ある時、宏樹庵の台所の電灯が壊れたのでどこに頼んだら良いのか聞いたところ、そんな事は知らなかった。なんでも自分で出来てしまうので人に頼んだことがないのだ!彼の作るミカンは、忙しくてあまり手をかけていないはずなのになぜかとても美味しい。
スーパーマンというのはこういう人のことだと思う。

IMG_1383
17日の作業。音を聞きつけて宏二郎たちもやって来たが何も手出しが出来なかった。
IMG_1389
セメントを流し込む準備
IMG_1390
セメントを撹拌する機械も運び込まれた。
IMG_1394
18日の作業
IMG_1397
セメントを流し込んだ後、動かないように棒状の板で止める。
IMG_1398
工事完了
IMG_1403
その奥に宏樹庵は佇む。







奥出雲。ここでは世界でここでしか使われていないやり方で純度の高い鉄製品ー日本刀、包丁、農機具などを作り続けていた。
「たたら」と呼ばれるその工法。
砂鉄を多く含む山を切り崩して、水に流して砂鉄を採取。山林の樹木で良質な炭を作り、粘土質の土で大きな炉を作ってその中に砂鉄や炭を入れて 3日3晩燃やし続けて鉄の素、玉鋼を作る。それを何度も何度も熱しては打ち熱しては打ち製品にする。気の遠くなるような工法。こうして出来上がった日本刀などは世界に誇れるものとなった。
江戸時代、松江藩主松平不昧公は鉄師を大切にして産業として発展させた。
今回その工法を知り大変興味深かったが、 それと合わせて驚いたのは、鉱山は鉱物が採取されている間は繁栄するが、採り尽くされた後は荒廃し、人も住めないようになるのが一般的だが、ここでは山を切り崩した後を棚田にして、砂鉄を流した水脈を棚田に引き入れ見事にあちこちを農地に変えて人々が豊かにそこで暮らせるようにしたことだった。そこで採れるお米は全国の品評会で金賞を取る程美味しかった。
鉄師の住んでいた館は記念館として何軒か公開されていて、私達はその一つ糸糸原家を訪れた。
たたらの精巧な模型もあったが、何代も続くその人達は茶道にも長けていて庭には様々な山野草が植えられていた。人柄の奥深さが感じられる。
もう花の終わったヤマシャクナゲの鉢植えがあったので買い求めて帰った。可憐な花が来春咲くのを楽しみにしている。 

0EF0E01B-2BDF-4C3D-9EF2-01128E179F3C

75CA3E4D-1A3F-480B-9F9D-06F0F6B10F1C

 糸原家の庭にて(糸原家の糸は糸を二つ並べて書くのが正式)

4月4日のシンフォニア岩国でのファミリーコンサートのために陽子は3月28日に子供たちを連れて宏樹庵に来る予定だった。ところがコロナの影響で学校が休みになったので前倒しして23日にやってきた。コンサートは急遽大ホールでの開催となる等、異例の形ではあったが無事終了、お客さんも喜んで帰られた。
そして当初は、陽子達は新学期が始まるので4月6日に帰る予定だった。しかし学校は始まりそうもない。もう少しここにいようかと躊躇しながらも様子を見る。4月12日からは宏樹庵と幸明館で宏二郎展が始まった。開催中は子供たちはここでは遊べないのでツリーハウスに行って勉強したり遊んだりしていた。ツリーハウスが完成していて良かった。晴香と絢香は寝袋を持って何度か寝泊りもした。宏二郎展の時は岩国の老舗のお菓子屋さんに宏二郎の絵に合わせて宇宙的な和菓子を作って頂いた。そしてお茶を点てて宏二郎との話もゆっくりしてもらう予定だった。しかしお茶の先生が前々日になって急に辞退され、仕方なく藍と陽子が着物を着てお茶を点てることになった。もちろんお茶の作法など全く素人だったが、お茶の先生が前日一通りの事は教えて下さった。陽子がやってくれて大助かりだった。
4月19日に宏二郎展は終わり、反省会も兼ねて晴香の誕生会を宇兵衛寿司でした。
晴香は11歳になった。11歳と言えばもう大人になりかけ?と思うのだがまだまだやることは子供っぽい。もう少し思考力を使ってほしい。気はよくまわるし、勘は良いのだが。
5月3日から始まる予定だったミュージックキャンプは中止にした。小さい子のために編曲をいくつかしたのでその演奏を聞きたかった。本当に残念だった。そこで宏樹庵にいる人達だけで5月5日にコンサートをしようということになった。陽子と3人の子供たち、宏二郎と一青、そして藍も弾くことになった。もちろん私達も。みんなこの日のために練習練習。そして本番はそれなりに皆緊張して、子供たちは上手に弾き、30年ぶりにヴァイオリンを持った宏二郎も思った以上に弾けた。宏二郎展があったのでそれが終わってからの短い練習期間だったのにもかかわらずだ。ハイドンのピアノトリオは初心者がよく演奏する曲だが、陽子の手にかかるとやはり子供が弾くのとは大違いでセンスが光った。
連休が終わってもまだ学校は始まらない。そのうちに学校からプリントが配られたりネットで授業が始まったりした。晴香と絢香は一応毎日午前中は時間割通り机に向かって勉強するようになった。5歳の一青とほのかも見習ってドリルなどに取り組んでいた。
私は毎日午前中は山のようにある洗濯物を干し終えると9人分の食事の材料を買い出しに。午後は絢香とほのか、一青のピアノのレッスン。朝も昼も夜も一青は晴香たちと食事も遊びも、それこそ寝食を共にし、兄弟のようだった。一青は一人っ子なので周りへの気配りに欠けるが少し鍛えられたように思う。
晴香たちのパパとはテレビ電話で時々話していた。2か月も離れていることは今までになかった事なのでパパも寂しかっただろう。非常事態宣言が出され自粛が求められていたが、この辺りでは感染者がいなかったので晴香達は海や広い公園や錦帯橋に行ったり、また宏二郎展が終わって宏二郎に余裕が出来た後は絵画教室も開いたりとのびのびと過ごしていた。
5月24日、とうとう晴香達は帰って行った。
4月6日に急いでさいたまに帰らなくて良かった。元気な子供たちだった。
東京駅では迎えに来たパパを見つけると「パパーっ!」と言って走り寄って行ったそうだ。

IMG_1190
母の日。初めて子供たちと孫たちも一緒にお祝いしてくれた。
409E2F04-B541-4111-A985-2B5A73FDA73F
素敵な紫陽花のプレゼント

15A1A19E-CF93-432A-AF89-5714814247C0
0F2351AE-4302-465E-A26F-A37670FE4B76
ご馳走もたいそうなものでした。

4454CF04-5745-4EC3-951B-4C0D9F15117E
5月5日のミニコンサートのプログラム
EA6B5533-DC6D-47AC-ACB0-0FC0F3BDFB95
晴香と絢香はゴセックのガヴォットを演奏。フラジオや弓を飛ばして弾く技術もこなす!

62日間の滞在 絵画教室
絵画教室
62日間の滞在 錦帯橋
錦帯橋、人はほとんどいない。
62日間の滞在 潮風公園

+62日間の滞在 海1
貝を拾ったり生き物を探したり

2AD0B8F9-ADD7-42A3-820D-3AAAE80D22BA
最後の晩のピザ作り、宏二郎が石窯で焼く。
BC41A046-D52D-4D8E-94AE-F12C6080C2A2

D0F44E2C-D95A-4426-8794-7D153E08475C
石窯の余熱で焼いたパンとケーキ
38DBEA01-ABB6-419C-81E5-38893942A2D8
花火もした。













↑このページのトップヘ