6月6日京都、9日宇部と連続した古希のリサイタルが18日東京文化会館での公演で終わった。
京都では日本フィルに関連した二人での、或いはもう一人加わっての演奏会を30年程前からやっていたが、東京と同じプログラムで前後して京都コンサートホールで演奏し始めたのは1997年、私たちの演奏活動20周年の年だった。始めは手伝ってくれていたメンバーも去り、応援してくれていた大病院も体制が変わってゼロになってしまって何年にもなる。今は数少ない実行委員のメンバーが口コミで一生懸命みんなに声をかけてくれて何とか100人余りのお客さんが集まる。宇部は会場が狭い事と昔からの石井啓一郎の仲間達で何とか成り立っている。東京もリサイタルを始めた1977年の頃は石井の父も私の父も現役で、時代も時代だったので企業関係の買い上げも多く、販売に私達はあまり苦労しなかった。しかし今では弟子に預けたチケットが戻されるのも当たり前になり、企業はほぼゼロ、全て口コミで売っている。音楽業界全体でもクラシックの演奏会にチケットを買ってまでして行く人が少なくなっている。足を運んで聴いてくれた人は「明日の元気をもらった!」などと 反応は良いのだが。


今回ブラームスのソナタを2曲弾いた。
中でも2番のソナタは私達の結婚披露宴で演奏した思い入れのある曲だった。これまで人前ではほとんど弾いた事のない二人の内緒の曲で、今回は古希を記念して取り組んだ。1楽章にはAllegro amabile との表示があり、私は今回このamabile にこだわった。
ドレスは結婚披露宴の時に来たドレス。これは私と母の手作りなのだった。母は良い家庭のお嬢様だったので結婚する前には花嫁修行としてお花と裁縫とお料理を習った。私達姉妹が幼い頃はお揃いの夏のワンピースなどよく縫ってくれたものだった。レースの布を買ってきて私と母でデザインを考え、母が縫って、私は下に着るスリップを縫った。1972年、石井は23歳、私はまだ22歳だった。このドレスはその後、陽子が自分の結婚披露宴でも着た。私は今後もうこのドレスを着る事はないと思うが、もしかしたら孫の誰かが着るだろうか?大切にしまっておこう。 

京都2019
京都コンサートホールにて終演後

宇部2019
宇部では超多忙の金子法子先生がいらして下さった



65B1ABF3-87BE-485C-9EA4-AF6A1DCAB384
東京文化会館にて終演後、挨拶に並ぶ長蛇の列

362BD5A6-FD98-49E0-BF19-2E74C663298E
古いアルバムから。
私達の結婚披露宴でブラームスの2番のソナタを演奏



 

5月3日から3日間ミュージックキャンプ2019が開催された。
3日と4日は黒磯自治会館と宏樹庵にて一日中レッスン。そして5日の午後1時半より由宇文化会館にて散歩がてらのコンサートが開かれた。ミュージックキャンプは2000年に始めたので今回ちょうど20回目。参加者の最年少は4歳、最年長は60歳代、計31人と講師3人。ほとんどが毎年の常連だが、一人下松から初参加の女性がいた。それに合奏だけの参加の母子と母子はいつも参加だったがその弟がチェロで合奏参加。今年は特別に10連休だったので前日の2日から岩国に来る人が多く、宏樹庵で午後6時から、昨年8月に結婚した常連さんの結婚披露宴も兼ねて前夜祭を催した。参加したのは岡崎シェフ一家を加えて34人。岡崎シェフの担当はミュージックキャンプが始まってからなので、この日は私がタンシチューや鮭の冷製など8品目ほどを用意した。そして最後にウェディングケーキに入刀!参加者の一人がパパパパーン、パパパパーンとピアノで高らかに音楽を付けてくれた。常連のお嫁さんは初めて旦那さんを岩国に連れてきて、ちょっとはにかみながらも幸せそうだった。
3日と4日のレッスンは石井と桜庭先生の二手に分かれて行い、私はそのどちらかと、メンデルスゾーン:ピアノトリオ、ドヴォルザーク:ドゥムキー、ベートーヴェン:大公、シューマン:ピアノカルテットなどピアノが入った室内楽9曲を担当した。初めは曲の流れが悪かったり、ぎこちなかったメンバーも2日間の練習でだいぶまともになって5日のコンサートに臨んだ。絢香と陽子の連弾、チェロ、晴香のヴァイオリンのグループで練習していたディズニーのアンダーザシーに急きょ、ほのかのマラカスを入れることになり、ほのかは教えるまでもなく、自分で音楽を感じて、後打ちや休符など完璧に演奏できたのには驚かされた。他のみんなも上手に弾いていたが、特に、シューマンのピアノカルテットを弾いた東京組のグループは東京でも時間をかけて練習した成果があってとても良かったと思う。
プログラムの最後は陽子と私のプロコフィエフのフルートソナタ第1楽章と桜庭先生、石井と私でドゥムキーの最終楽章。
お客さんが少なくて、もっと宣伝しなければと改めて思った。
キャンプ中の食事は岡崎シェフが腕をふるって大ごちそうの毎日。お天気にも恵まれ、ツリーハウスの1期工事も終了したので、そこでも子供たちは遊び、練習もした。
緑の美しい季節に一日中音楽が空気を満たしていた。
コンサート終了後は宏樹庵で打ち上げ。みんなのお腹がいっぱいになった頃、恒例のアフターコンサートが始まった。トップバッターは中学2年生になった男の子のブルッフのヴァイオリン協奏曲。この子が初めてお兄ちゃん二人に付いて岩国に来たのはまだ小学校に上がる前だったと思う。庭を駆け回り、池に落ちて、お母さんの追いかける声がずっとしていた。その子がこんなに難しい曲をバリバリ弾くようになったと思うと感慨深かった。
宏二郎の長男は今年の2月26日で4歳になり、その時からピアノを始め、習い始めてから今2か月余りだが上達が早くて、打ち上げでお母さんと一緒にドレミの歌を弾いてデビュー。弾きたがり屋なので来年は本プロでも何か弾けるだろう。
20回続けたので、この辺りで今までのプログラムや参加者のメッセージ、写真などを集めて小冊子を作るつもりだ。宏二郎たちが隣に引っ越してきたので布団干しなどは手伝ってもらえるようになったが、相当体力の要るこの企画。いつまで続けられるだろうか。

紅白のウツギが美しい花を満開にさせた。この花も宏樹庵が出来て初めて植えたのでちょうど20歳。

ミュージックキャンプ2019ケーキ入刀
ウェディングケーキ入刀!!!

IMG_0597
合奏はグリークのホルベルク組曲からサラバンドとプレリュード

ミュージックキャンプ2019ツリーハウスで練習
ツリーハウスで練習

IMG_0608
ツリーハウスは人気のスポット

IMG_0601
岡崎シェフの料理はどれも大好評

ミュージックキャンプ2019料理助手 (1)
チキンをグリルしている間、向こうでは宏二郎がシェフの指示でリゾットを焦げないよう見張る



ミュージックキャンプ2019エビ料理
ハワイアンガーリックシュリンプ

ミュージックキャンプ2019岡崎シェフ (1)
大きな肉のかたまりを豪快にさばく

ミュージックキャンプ2019美味しそうに焼ける肉
美味しそうに焼ける

ミュージックキャンプ2019ピザの用意 (1)
ピザの用意

ミュージックキャンプ2019ピザ (1)
石窯で

ミュージックキャンプ2019ピザ (2)
宏二郎はピザ職人

ミュージックキャンプ2019子供たち昼食中
子供たちは昼食中、会話も弾む。

ミュージックキャンプ2019篝火 (1)
いつものように篝火は子供たちの役目

IMG_0625
最近この猪がここに居付いてしまったようで、キャンプ中もたびたび出没。
子供たちに悪さをするような事はなかったが。


IMG_0613
常連のチェロ奏者が急に来れなくなったので、代わりに桜庭先生が!

ミュージックキャンプ2019ほのかデビュー (1)
アンダーザシーの演奏

ミュージックキャンプ2019合奏
合奏

ミュージックキャンプ2019陽子
プロコフィエフのフルートソナタ

ミュージックキャンプ2019講師演奏 (1)
ドゥムキー 最終楽章

ミュージックキャンプ2019全員集合
全員集合

IMG_0618
打ち上げで一青の演奏も。


ウツギ
ウツギの花が満開


























4月7日から開かれていた宏二郎展が14日に終わった。
今回は宏樹庵に油絵15点、幸明館には流木や鉄片など近くの海岸に打ち寄せられたものにろうそくを描いたイコンを24点、計39点の作品が展示された。
油絵の中でも錦川上流と思われる、朝靄が立ち込めているような川「山河」は幅200センチもある大作。床の間の絵は濃い藍色の森「青寂」。どちらも奥行きの深さを感じさせる作品となっていた。
イコンはこれまでは流木に描いていたが、今回は鉄製の、何だったのかもう解らなくなってしまったものも海岸で拾ってきてろうそくを描いた。人が使っていたであろうその鉄片も、変わり果てた形になっているのだがろうそくを描くと何か命が宿るような気がする。
開催日に先立って6日夜には宏樹庵でオープニングパーティが催された。20人くらいのお客さんが集まり、岩国寿司やシシ肉のシチューなどを囲んで和やかに話が弾んだ。
日刊いわくに、中国新聞、毎日新聞、アイキャンでも取り上げられ、それを見て来ましたという人もいた。今回はかなり多くの場所にチラシを置いたのだが、それを見て来る人はあまりなく、やはり口コミで誰かが誘わないと来てくれないことを改めて思い知らされた。
展覧会の終了した14日の夜、家族で打ち上げの会をした。前菜に近所の蕨を煮たものとお隣の畑の牛蒡を酢牛蒡にしたもの、枝豆。ゴマ豆腐。採りたての筍と庭の蕗の炊き合わせ。瀬戸内海の水カレイを塩焼きにしてあとは貝汁やアボカドとクリームチーズのサラダなどいろいろ賑やかに食卓に並べた。お酒はうま味たっぷりの日下無双(ひのしたむそう)。「俺は宏二郎の絵が何点売れるかが一番の関心事だ。」と言う石井の弁は厳しく、11時にもうお開きにしましょうと私が言い出すまで続いた。

宏二郎展をずっと見守ってくれていたザイフリボクの白い花も少しずつ散り始めた。

山河
山河。輝きが素晴らしい。そして奥の奥まで川が続いている。

青寂
青寂。静寂ではなく「青」という字を使ったのは宏二郎の造語。

イコン
右端の板は五橋の酒井さんが持ち込んだとても古い板

イコン2
流木にも存在感がある。

鉄片
今回初めて鉄片にもろうそくを描いた。

ろうそく達
ろうそく達。1個1個を壁などに掛けるとまた風情があるのだが。

オープニングパーティ
オープニングパーティの夜7時には宏樹庵に入る小径にろうそくがともされた。

反省会
打ち上げ。孫も一緒に乾杯!



前菜
前菜。

筍と蕗
庭の蕗なので細いけれど香りと甘みがあった。

ザイフリボクの花
ザイフリボクの大きな木。手前は幸明館(宏二郎のアトリエと展示室)
塀沿いに咲いているのは赤と白のトキワマンサク。











↑このページのトップヘ