4月4日のシンフォニア岩国でのファミリーコンサートのために陽子は3月28日に子供たちを連れて宏樹庵に来る予定だった。ところがコロナの影響で学校が休みになったので前倒しして23日にやってきた。コンサートは急遽大ホールでの開催となる等、異例の形ではあったが無事終了、お客さんも喜んで帰られた。
そして当初は、陽子達は新学期が始まるので4月6日に帰る予定だった。しかし学校は始まりそうもない。もう少しここにいようかと躊躇しながらも様子を見る。4月12日からは宏樹庵と幸明館で宏二郎展が始まった。開催中は子供たちはここでは遊べないのでツリーハウスに行って勉強したり遊んだりしていた。ツリーハウスが完成していて良かった。晴香と絢香は寝袋を持って何度か寝泊りもした。宏二郎展の時は岩国の老舗のお菓子屋さんに宏二郎の絵に合わせて宇宙的な和菓子を作って頂いた。そしてお茶を点てて宏二郎との話もゆっくりしてもらう予定だった。しかしお茶の先生が前々日になって急に辞退され、仕方なく藍と陽子が着物を着てお茶を点てることになった。もちろんお茶の作法など全く素人だったが、お茶の先生が前日一通りの事は教えて下さった。陽子がやってくれて大助かりだった。
4月19日に宏二郎展は終わり、反省会も兼ねて晴香の誕生会を宇兵衛寿司でした。
晴香は11歳になった。11歳と言えばもう大人になりかけ?と思うのだがまだまだやることは子供っぽい。もう少し思考力を使ってほしい。気はよくまわるし、勘は良いのだが。
5月3日から始まる予定だったミュージックキャンプは中止にした。小さい子のために編曲をいくつかしたのでその演奏を聞きたかった。本当に残念だった。そこで宏樹庵にいる人達だけで5月5日にコンサートをしようということになった。陽子と3人の子供たち、宏二郎と一青、そして藍も弾くことになった。もちろん私達も。みんなこの日のために練習練習。そして本番はそれなりに皆緊張して、子供たちは上手に弾き、30年ぶりにヴァイオリンを持った宏二郎も思った以上に弾けた。宏二郎展があったのでそれが終わってからの短い練習期間だったのにもかかわらずだ。ハイドンのピアノトリオは初心者がよく演奏する曲だが、陽子の手にかかるとやはり子供が弾くのとは大違いでセンスが光った。
連休が終わってもまだ学校は始まらない。そのうちに学校からプリントが配られたりネットで授業が始まったりした。晴香と絢香は一応毎日午前中は時間割通り机に向かって勉強するようになった。5歳の一青とほのかも見習ってドリルなどに取り組んでいた。
私は毎日午前中は山のようにある洗濯物を干し終えると9人分の食事の材料を買い出しに。午後は絢香とほのか、一青のピアノのレッスン。朝も昼も夜も一青は晴香たちと食事も遊びも、それこそ寝食を共にし、兄弟のようだった。一青は一人っ子なので周りへの気配りに欠けるが少し鍛えられたように思う。
晴香たちのパパとはテレビ電話で時々話していた。2か月も離れていることは今までになかった事なのでパパも寂しかっただろう。非常事態宣言が出され自粛が求められていたが、この辺りでは感染者がいなかったので晴香達は海や広い公園や錦帯橋に行ったり、また宏二郎展が終わって宏二郎に余裕が出来た後は絵画教室も開いたりとのびのびと過ごしていた。
5月24日、とうとう晴香達は帰って行った。
4月6日に急いでさいたまに帰らなくて良かった。元気な子供たちだった。
東京駅では迎えに来たパパを見つけると「パパーっ!」と言って走り寄って行ったそうだ。

IMG_1190
母の日。初めて子供たちと孫たちも一緒にお祝いしてくれた。
409E2F04-B541-4111-A985-2B5A73FDA73F
素敵な紫陽花のプレゼント

15A1A19E-CF93-432A-AF89-5714814247C0
0F2351AE-4302-465E-A26F-A37670FE4B76
ご馳走もたいそうなものでした。

4454CF04-5745-4EC3-951B-4C0D9F15117E
5月5日のミニコンサートのプログラム
EA6B5533-DC6D-47AC-ACB0-0FC0F3BDFB95
晴香と絢香はゴセックのガヴォットを演奏。フラジオや弓を飛ばして弾く技術もこなす!

62日間の滞在 絵画教室
絵画教室
62日間の滞在 錦帯橋
錦帯橋、人はほとんどいない。
62日間の滞在 潮風公園

+62日間の滞在 海1
貝を拾ったり生き物を探したり

2AD0B8F9-ADD7-42A3-820D-3AAAE80D22BA
最後の晩のピザ作り、宏二郎が石窯で焼く。
BC41A046-D52D-4D8E-94AE-F12C6080C2A2

D0F44E2C-D95A-4426-8794-7D153E08475C
石窯の余熱で焼いたパンとケーキ
38DBEA01-ABB6-419C-81E5-38893942A2D8
花火もした。













4月12日宏樹庵と幸明館にて宏二郎展が始まる。
今回はコロナウィルスの感染拡大で直前になって延期しようかと家族で話し合ったが、宏二郎はこの世界中の波に呑み込まれたくない、こんな時だからこそ、一人でも来て観て良かったと思ってくれる人がいるなら開催したいとの強い意向で、結局開催することになった。
しかし、いつも行っているオープニングパーティはキャンセルが相次ぎ、止めることに。今回試みに企画したギャラリーツアーの後にお茶会をしてお茶の先生にいらしていただくはずだったのに、その方も、コロナウィルスの影響で急きょ辞退され、藍が即席でお茶を点てることになった。
お茶会で出す和菓子は岩国の老舗、昭和堂さんが宏二郎の絵の雰囲気に合わせてわざわざ創作して下さったもの。普通青い色はお菓子には使わないが、青がにじんだようなお菓子になっている。

メインの絵はろうそくが何本も並ぶ大きな絵。しみじみと眺めていると、心の中のろうそくも揺れ始める。
この古民家の静かな空間で自分だけに語りかけてくるような絵をどうぞご覧ください。

4月12日(日)から19日(日)、午前11時から17時まで。13日の月曜日は休館。

IMG_1132

IMG_1136

IMG_1135



4月4日シンフォニア岩国にて石井啓一郎ファミリーコンサートが開催された。

世界中でコロナウィルスの感染が拡大し、日本でも様々な催し物が中止または延期される中、シンフォニア岩国でも3月いっぱいは会館が閉鎖されていた。4月1日からは再開との県の意向だったが、ますますの感染拡大を受けて検討され、ぎりぎりまで開催できるかどうか決まらなかった。3月31日になって、やっと館長さんからお電話があり、開催が決定。ただし、これは言われるまでもなくこちらであらかじめ用意していた事だったが、医師による体温測定、手指の消毒、入場者の連絡先のメモを残すことなど、いろいろ対策を施しての開催だった。体温測定はロータリー会員のお医者さんからご協力の意向を3月半ばに頂いており、心強かった。消毒液も私達が早めに買っておいて良かった。会館から入場者数を聞かれてチケットの売れ具合を集計したところ120枚くらいは売れていた。多目的ホールに席の間隔を置いて座ってもらうには100と言われ、思案したが、コンサートホールを使っても良いとの会館側からの好意で、1200席の大ホールで開催することに急きょ決まった。

4日午前中の会場練習では今までと違って非常に響くホールなので音の調整に気を使った。
そして本番。広いホールに点々と座るお客さん。皆マスクを付けている。
エルガーの愛の挨拶に始まり、モーツァルトのヴァイオリンとピアノのためのソナタK305、ショスタコーヴィチのヴァイオリン2本とピアノのための5つの小品(これをヴァイオリンとフルートで)、ライネッケのフルートとピアノのためのソナタ「水の精」。休憩をはさみ、ショパンの別れの曲、スコットの蓮の国、プロコフィエフ、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番より3・4楽章、G線上のアリア、チゴイネルワイゼンと言うプログラムだった。
好評だった。
開催できて良かった。

外は満開の桜。鶯が美しい声で鳴いている。カエルも鳴き始めた。
早くコロナウィルスが終息しますように。

ファミリーコンサート2020-1
これは会館が用意してくれました。

ファミリーコンサート2020-2
スタッフが作成した張り紙

ファミリーコンサート2020-3
お医者様による体温測定

ファミリーコンサート2020-4
後で万が一の場合のメモ

ファミリーコンサート2020-5
愛の挨拶

ファミリーコンサート2020-8
ライネッケ「水の精」。演奏前に陽子が物語を紹介。そのため曲の流れをお話をたどりながらお客さんは楽しんでくださったようです。

終演後楽屋で
終演後、楽屋で。







↑このページのトップヘ