6月3日(木)京都コンサートホール、6日(日)ヒストリア宇部、15日(火)東京銀座王子ホールでの石井啓一郎ヴァイオリンリサイタルが終わった。
プログラムはドヴォルザーク ロマンティックな小品から第1番と2番、モーツァルトのヴァイオリンとピアノのためのソナタk454、サラサーテのプライエーラ、ハバネラ、休憩を挟んでスコット 蓮の国、そして前半のドヴォルザークの続き、第3番と第4番、最後はシューベルトのヴァイオリンとピアノのためのソナタ「デュオ」
ヴァイオリンにとってはシューベルトなどとても弾きにくいパッセージがあったりしたが、ピアノパートはそれ程技巧的には難度は低く、むしろウィーンのエッセンスを醸し出したいと思って練習していた。
京都ではいつもたくさんチケットを売ってくれるスタッフが家の事情で全然動けず、全体でもコロナの影響で売れていなかった。それに緊急事態宣言下でホールも5月30日まで閉鎖されていた。5月28日に宣言が解除されるか、延期されるか、それによってホールが解放されなければリサイタルは中止だった。28日結局宣言は延長となったが、29日協議の結果、昼前にホールは対策を講じた上での再開を認めるとの電話があった。京都新聞もイベント情報に載せてくれた。そのお陰か、予想以上にお客さんが入ってくれてスタッフもほっとしていた。翌日、聴きに来てくれた知人のメールには大変感動した、来れなかった友達に報告しましたとの事。またある人は北九州市に住むお母さんにとても良かったので宇部まで聴きに行ってと電話したとか。でも京都から4日に岩国に帰り録音を聴くとまだまだ反省の余地有り。
翌日午後宇部に向かう。
今回は宇部ではスタッフの提案で宏二郎の絵や秀太郎の楽器も展示してファミリーのコラボとなった。ヒストリア宇部は固定椅子ではないので初め50席並べておいた。しかしどんどんお客さんがいらして椅子が足りず、後ろの方迄ぎりぎりに並べて漸く間に合った。90人近くのご来場だった。休憩時間は宏二郎や秀太郎との対話のため20分取り、それもお客さんには好評だった。演奏の方も京都の反省もあり、修正して弾いたつもりだった。しかし、その録音を聴いてまたまた反省しきり。14日に上京するまでまた音楽の初めからやり直した。
そして迎えた15日の本番。王子ホールは300の定席なので入れるのは150迄と言う事だったが、140位は埋まっていただろうか。
ドヴォルザークが始まってホールに幸せ感が満ちていった。アンコールが終わっても拍手がなかなか鳴り止まなかった。ブラボーと言うのは禁止されているのでお客さんの中には頭のうえで拍手する人も何人か居た。
今回、石井は全曲椅子に座って弾いたので音の伸びがどうだったか心配だったが、後日聴いた人からのメールでは、座って弾いていたのには何の抵抗感もなく、音も充分に響いていたとの事。涙が出たと言う人、石井ワールドを堪能しましたと言う人。大方好評だったのでほっした。
現在72歳。いつまで満足の行く演奏が出来るだろうか

ウツギ

5月2日から4日までの恒例のミュージックキャンプに参加するために参加者の何人かは1日に宏樹庵にやってきた。コロナ禍の中での移動は「会社には内緒」「学校には何も言わなかった」など複雑な参加の仕方だった。

2月初めに募集を始めたがコロナの影響や大学受験などでなかなか参加者が集まらず、15人を下回る様だったら開催は無理かと石井と話していた。3月中旬になってやっと、子供も含めて19人になり、うちの子供たちも含めればプログラムの形は決まって来た。参加者が少なかったので一人で何曲も弾くことを認め、プログラムの曲数はいつもと変わらなかった。
ところが、始まる4日前になって緊急事態宣言が発令され、職場の要請により市外、県外には出ることが出来なくなってしまったチェロの奏者二人!!! 弦楽四重奏など他のメンバーのためにプログラムを変更するわけにはいかず、常連の参加者の一人と、なんと桜庭先生が代わりに弾いて下さることになった。豊かな桜庭先生の音に包まれた参加者は幸せだったと思う。
今回は3日午後に宏二郎が絵に対する思いを話すお茶会も設けられた。宏二郎のとつとつとした話しぶりに引き込まれて感動した人もいたようだった。宏二郎は何十年ぶりかの出演もあり、食事係の役目もあり、大忙しだった。
最終日の「散歩がてらのコンサート」は4日午後1時半より由宇文化会館にて、モーツァルトのEine kleine Nacht Musikで始まった。クラリネットの初参加者もいて、ジャズ風のミヨーは楽しかったとの声も。子供たちの成長も素晴しかった。最後は講師、桜庭先生と石井啓一郎&啓子のシューマンのトリオ第1楽章。ヴァイオリンで参加していた中学生の女の子はそれを聴いて、自分もいつか弾いてみたいと言っていたそうだ。
中身の濃い講習会だったと思う。

紅ウツギの花は今年はいつもに比べて濃い紅色に咲き満ちていた。

布団干し
布団干しに始まり、布団干しで終わるこの会

料理人
今回の特別料理はシシ肉のヒレ。1頭の猪から2切れしか取れないそうで、貴重品。

篝火
もちろん篝火も。

合奏
合奏の舞台練習。コンミスは小学6年生の女の子。





1月14日(木)石井啓子アンサンブルシリーズ31回目が東京文化会館小ホールにて開催された。
この演奏会は今までいつも11月か12月に開催されていた。しかしオリンピックの影響もあって(?)東京文化会館の予約が取れなかった。たまたま1月の開催となっていたのだったが、コロナで演奏会が中止、延期を余儀なくされる中、かえって1月で良かったと思っていた。コロナ対策でチケット販売は会場収容人数の半数315席、そして誰がどこに座っていたか後で確認できるように全席指定。当日の受付の混雑を避けるためチケット代は全て事前振込、東京文化会館友の会の招待はいつも50だったところ20に限定(友の会事務局による抽選)、など細かな作業は今までになかった事だった。
それでも意外に皆さん久しぶりの生の音楽に触れることを楽しみにチケットを買って下さった。
ところが! コロナ感染者急増で1月7日緊急事態宣言発令。外出の自粛、夜8時には帰宅するようにとのお達し。チケットを買って下さった方も体調に自信がないからとか、グループ内でもし感染者が出たら困るとかなどの理由でキャンセルが相次ぎ、本番直前になって対応に追われた。

本番当日は朝から素晴らしい晴天。さあ、音楽を楽しもうという力が湧いた。
ベートーヴェン ピアノ三重奏曲変ロ長調遺作、シューマン 幻想小曲集、シューマン ピアノ三重奏曲作品63、休憩を挟んでシューマン ロマンス、ライネッケ フルートソナタ「水の精」 そして最後はベートーヴェン ピアノ三重奏曲「街の歌」。終演時間なんと9時20分!!! 欲張ったプログラムだった。しかしお客さんの拍手は本当に暖かかった。変化のあるプログラムだったので長いとはちっとも思わなかった、演奏者と聴衆が一体になったのを感じたなどの声が寄せられた。
終演後はロビーに出ることも禁止。店はもう開いていないので打ち上げも無し、と異例づくめの演奏会だったが開催出来て本当に良かった。
いらして下さった方々に心より感謝。
                                                               合掌

IMG_1605



アンサンブルシリーズⅩⅩⅩⅠ

                                                               

↑このページのトップヘ