ひすとりあ音楽塾

1月27日(土)午後4時よりヒストリア宇部にて「楽興のウィーン--弦楽五重奏で愉しむ交響曲--」と言うコンサートが開催された。
宇部の上野美科さん主催による年何回かヒストリア宇部で開いているコンサートで今回48回目。上野さんの解説付きで毎回、普通の演奏会ではなかなか取り上げられない変わった曲を演奏している。この日もオーケストラの曲を弦楽五重奏で楽しむという企画。
19世紀は貴族達が大きなホールで音楽を楽しむだけでなく、自分の家の広間などでも音楽を楽しんでいた。ベートーヴェン自身もそういう音楽会のために自らが自分の交響曲を小さな編成用に書き換えている。今日の交響曲第7番もその一つで、編成はヴァイオリン2本、ヴィオラ2本とコントラバス。ホルンのパートをヴィオラが弾いたりして、通常の弦楽四重奏とは全く違う響きが思った以上に新鮮で面白かった。
第1ヴァイオリンを担当した石井にとっても初めての曲で、楽譜は手書きのファクシミリなので読みにくかったそうだが、メンバーは音大を卒業した若い女性達ばかりで、練習も楽しかっただろう。
大変寒い日だったにもかかわらず多くの方々が聴きに集まって来られ、楽しんで下さったようだった。

27

1月27日(土)午前9時より宇部市の大学院幼児園にて発表会があった。
大学院幼児園は孫の琴子や智比呂の通っている保育園で、琴子はこの春小学校に入学するので最後の発表会。是非と思い観に行った。
この保育園は大変しっかりとした保育をしており、幼児の発表会とはとても思えない内容の劇、オペレッタ、ダンス、日舞、和太鼓、ピアニカなどの合奏、合唱と多彩なプログラムで、それぞれ少ないグループは数人、多いグループは20人くらいの子供たちが全身で一生懸命に踊ったり歌ったりしている姿を見て目頭が熱くなった。特に、最後今年卒園する琴子たちが歌った合唱「君が嬉しそうな顔をしてると僕も楽しくなるよ、悲しいこと辛いことがあっても一人で泣かないで、僕に話して一緒に泣こう、離れるのは淋しいけど別れじゃないと思う、君は僕の宝、これから会う人も僕の宝・・・」というような歌詞の歌を表情豊かに歌った時には涙がボロボロこぼれた。歌っている子供たちもウルウルしていたと後から聞いて、子供たちもちゃんと意味をしっかり分かって歌っていたんだと思い、また涙が出た。
能力の差はあるだろうが、それぞれに全力を出させるように仕向ける指導はすごいと思った。そして子供たちもそれに応えて今日の発表があった。小さい時に身に付けたそういう事は学校に入っても生きることだろう。
頑張れ、子供たち!!

ダンス
南の国のダンス
ピーターパン
2歳児のクラスの劇「ピーターパン」
リトルマーメイド
5歳児の劇「リトルマーメイド」ちゃんと長いセリフがあり、それぞれが役になり切っていた。
日舞女の子
女の子の日舞
日舞男の子
男の子の日舞
和太鼓
和太鼓
オペレッタ くるみ割り人形
オペレッタ「くるみ割り人形」
ダンス 桃色の太鼓
ダンス「ももいろ太鼓」  太鼓のばちを持ってのダンス、かっこよかった。
合奏sakuragumi
合奏、そしてこの子たちが最後に合唱した。















2018年1月大雪 2階の窓から


大雪の一夜が明けて一面の雪が眩しく光っています。降りましたね。
上の写真は実家の2階の窓からの景色です。

私の実家は東京都新宿区中井。母は90歳で一人暮らしです。
米本の家に生まれた私は三姉妹の長女でした。父が生前、誰が墓守りをしてくれるかとよく言っていたため、私の次男宏二郎を結婚していなかった妹の養子にしました。ところが妹はさっさと父の後を追って4年前にお星様になってしまいました。米本家の重圧が一気に宏二郎の肩にかかってきてしまったのです。 

母は前からお料理はあまり好きではなかったようです。それにひきかえ父は戦地に行ってもどの草が食べられるかちゃんと見分けが付き、食糧難だった南の島でも指図は出来たそうです。父は仕事に余裕があり出すと家の食事を作るようになり、父が出来なくなると妹が全部作っていました。ところが妹がいなくなってしまったので宏二郎が代わりに孫の身でありながら週一回ですが母と一緒に食事をし、作り置きもし、買い物もして。。。すぐ下の妹も東京に住んでいるので週一回来て面倒を見てくれています。私もなるべく月に一回は上京し何日か泊まるようにしています。

そんな生活が続いていましたが、昨年春、岩国に宏二郎の家が完成しました。これは宏二郎の意図した事ではなく、母が書を収納する為の倉庫を作って欲しいと言った事の副産物です。でも家を作るに当たって宏二郎はどうでもいい訳ではなくこだわり抜いた家になりました。この度宏二郎の長男一青が幼稚園に入る年齢になり岩国の幼稚園に入れたいとの願望も重なって、母の面倒を見なくてはと言う責任感を感じながらも母と協議の上、岩国に引っ越してくる事になりました。月に一回は上京し実家に何日か泊まると言う条件付きです。私が考えるのは、週に一度来るより母と一緒に過ごす時間は、特に夜間は増えるので母は助かると思います。ですが母は今、みんな遠くに行ってしまうと感じているようです。

この家の最寄駅は中井。高田馬場から二駅で、高田馬場から歩こうと思えば歩ける距離です。西武線と地下鉄大江戸線が通っています。中流階級以上の人達の閑静な住宅地で、目白学園の生徒の往来も多いです。南斜面で陽当たりも大変良くて新宿まで一望のもとです。父が此処に家を建てたのは昭和50年、私がドイツ留学中でした。誰も引き継ぎ手が無いのは少し淋しい気がします。
どうしたらいいでしょうね。贅沢な悩み事です。 

玄関
玄関の引き戸にはステンドガラスが入っていて美しいです。
大雪の庭
庭も大雪



↑このページのトップヘ