1月14日(木)石井啓子アンサンブルシリーズ31回目が東京文化会館小ホールにて開催された。
この演奏会は今までいつも11月か12月に開催されていた。しかしオリンピックの影響もあって(?)東京文化会館の予約が取れなかった。たまたま1月の開催となっていたのだったが、コロナで演奏会が中止、延期を余儀なくされる中、かえって1月で良かったと思っていた。コロナ対策でチケット販売は会場収容人数の半数315席、そして誰がどこに座っていたか後で確認できるように全席指定。当日の受付の混雑を避けるためチケット代は全て事前振込、東京文化会館友の会の招待はいつも50だったところ20に限定(友の会事務局による抽選)、など細かな作業は今までになかった事だった。
それでも意外に皆さん久しぶりの生の音楽に触れることを楽しみにチケットを買って下さった。
ところが! コロナ感染者急増で1月7日緊急事態宣言発令。外出の自粛、夜8時には帰宅するようにとのお達し。チケットを買って下さった方も体調に自信がないからとか、グループ内でもし感染者が出たら困るとかなどの理由でキャンセルが相次ぎ、本番直前になって対応に追われた。

本番当日は朝から素晴らしい晴天。さあ、音楽を楽しもうという力が湧いた。
ベートーヴェン ピアノ三重奏曲変ロ長調遺作、シューマン 幻想小曲集、シューマン ピアノ三重奏曲作品63、休憩を挟んでシューマン ロマンス、ライネッケ フルートソナタ「水の精」 そして最後はベートーヴェン ピアノ三重奏曲「街の歌」。終演時間なんと9時20分!!! 欲張ったプログラムだった。しかしお客さんの拍手は本当に暖かかった。変化のあるプログラムだったので長いとはちっとも思わなかった、演奏者と聴衆が一体になったのを感じたなどの声が寄せられた。
終演後はロビーに出ることも禁止。店はもう開いていないので打ち上げも無し、と異例づくめの演奏会だったが開催出来て本当に良かった。
いらして下さった方々に心より感謝。
                                                               合掌

IMG_1605



アンサンブルシリーズⅩⅩⅩⅠ

                                                               

10月25日宇部市渡辺翁記念会館にて日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会が開催される。
宇部興産株式会社は2008年 より、当時代表取締役社長だった田村浩章氏の提案により社内の「共存共栄」の精神に基づいて、今までやってきたゴルフの世界的なトーナメントをやめて「音楽を通して地域文化振興への貢献」を目的に日本フィルハーモニー交響楽団を宇部市に招聘し、それ以来毎年「宇部興産グループチャリティーコンサート」を開催してきた。
第13回目となる今年は、コロナ禍の中東京からの多人数の移動のため感染防止対策を徹底した上での開催となる。その徹底ぶりが半端ではない。
演奏者の体調は2週間前から毎日検温、行動の記録。全員のP CR検査。今回演奏で来宇する人のみならず、万が一陽性反応が出た場合の代替確保のため、主に管楽器奏者全員の検査、つまり100人以上の人の検査。楽員の宇部市内での飲食禁止。移動は貸切バス利用。
また、宇部市民にとっても、チケット販売はこれまでは発売開始日の朝早くから並んで買っていたが、窓口販売はなくて全て往復はがきかwebサイトからの抽選販売のみ。座席数も記念会館は1200席程あるところ270席に、また宇部市民に限定‼︎  その代わりに11時からと15時30分からの2回公演。チケット半券の裏には連絡先記入を求める。 
ここまで徹底しなければならないのかと思う。コロナとは何なのだろうか?

当日指揮をするのは世界を股にかける広上淳一氏。彼は今年2月以降オーケストラの公演が全て休止しどの楽団も財政的ダメージを受けて 存続も危ぶまれる中、文化の象徴であるオーケストラを一つでも破綻させてはならないと言うメッセージを送り続けている人。モーツァルトのディヴェルティメントニ長調K 136、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏する。ソリストは山根一仁氏。
パイオニアの協力で聴覚障害のある人のために「ポディソニック」体感音響システムを使った席も設ける。本番の演奏はFMきららで生放送の予定。

弾いている人も聴いている人も楽しい演奏会になる事だろう。

 

毎年恒例のミュージックキャンプ宇部が開催された。
9月19日と20日は俵田邸とふれあいセンターにてレッスンが行われ、21日午後2時から宇部市の日立建設ミーティングホールにて演奏会が開かれた。参加者は当初24人だったが東京から来る予定だった4人が直前になって不参加になってしまったので最終的には山口県内の20人のみとなった。そのうち二人はキャンプ常連の参加者の子供5歳の男の子。初参加。小学生や中学生は今回参加がなかった。2012年に始めたこの企画だが昨年の参加者は36人だったことを考えると、やはりコロナで不参加を決めた人も多かったという事だろう。
演奏する曲目はドビュッシーのピアノ三重奏曲やクレンゲルのチェロカルテット、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタなど15曲。それに最後に講師の石井啓一郎と桜庭茂樹、石井啓子でベートーヴェンのピアノ三重奏曲「大公」の1楽章を演奏した。
コロナ対策でレッスンの時の検温、消毒、マスクなど、また入室する時には健康状態や連絡先などのチェックメモも書いてもらった。演奏会場は日立建設の社長さんがどうぞどうぞと好意的で大変助かった。検温の機器も設置してくれていた。でも新聞やテレビで告知はされていたが、関係者以外のお客さんはいなくてこじんまりとした演奏会だった。しかし、久しぶりの生の演奏に演奏者もお客さんも、また不思議な事にホール自体も、大変生き生きとし、明日からの糧になったような感じだった。
ミュージックキャンプは名前のように、ただ音楽のすばらしさを体験するだけではなく、夜は講師や参加者の宿泊先である宇部ときわ湖畔ユースホステルにてバーベキューやお酒も用意され、参加者がいろいろな話をぶつけ合う場でもあったのだが、今回はそれもなく、ただ21日の終演後はひそやかに何人かがユースホステルに集まり、遅くまで盛り上がった。
このユースホステルもコロナの影響で客足が遠のき、一時は閉鎖との話もあったが、管理人さんの努力で何とか続けていけることになって、来年もいつものようにミュージックキャンプは開催できそうだ。本当にほっとした。

宇部から岩国への帰路、田んぼの畦道には彼岸花が咲き、赤とんぼが舞っていた。

ミュージックキャンプ宇部2020-1
俵田寛夫氏が見守る中でレッスンが始まった。
ミュージックキャンプ宇部2020-2
宇部にはチェロを弾く人が多い。このたび取り組んだのはチェロカルテット。
桜庭先生の的確な指導がみんなを引っ張る。
ミュージックキャンプ宇部2020-3
初参加の男の子。ピアノを弾いているのがお母さん。
ミュージックキャンプ宇部2020-4
こちらも初参加の男の子。チェロを弾いているのがお母さん。
ミュージックキャンプ宇部2020-5
参加者が少なかったので無伴奏の曲も。
ミュージックキャンプ宇部2020-6
ミオーの2本のヴァイオリンとピアノのためのソナタ。とても良かった。
ミュージックキャンプ宇部2020-7
チェロカルテットの本番
ミュージックキャンプ宇部2020-8
お客さんはまばらだったが熱心に聴いてくださった。
ミュージックキャンプ宇部2020-9
先日の台風で看板が飛んでしまったユースホステル。古いのでいろいろと痛んでいるところもある。
ミュージックキャンプ宇部2020-10
しかし、常盤湖を臨むこの環境と、音楽を夜中まで練習できることが参加者には好評だ。










↑このページのトップヘ