10月7日(日)午後2時より宇部の渡辺翁記念会館にて日本フィル宇部公演が開催された。

今回11回目となる宇部興産主催の地域と共に生きるという会社の理念のもとに行われてきたこの公演。今回は初めて外国の指揮者、日本フィルの首席客演指揮者であるフィンランドのインキネン氏と、ソリストには世界的に注目を集めている若手ヴァイオリニスト、木嶋真優さんを迎えた。

先週に引き続き問題が起きた。台風の接近!!前日の5時から渡辺翁記念会館でリハーサルが行われるはずだったが新幹線が強風のため止まってしまった。早めに宇部入りした楽員は良かったが、リハーサルに間に合わない楽員もいて練習を1時間繰り下げた。
当日は良いお天気になって無事本番を迎えた。
一席の余りもない満席で、友人の一人はチケットを買うのに朝6時から並んだと言っていた。10年前は元気だったのだろうと思われるが今は杖をついて歩くのがやっとという方も来ていた。みんなこの公演を楽しみにしているようだ。
プログラムはチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトとブラームスの交響曲第4番。木嶋さんはロシアの大地を思わせるようなゆったりとした歌いっぷりで堪能させてくれた。ブラームスは管楽器と弦楽器の豊かな融合で幅広い音楽だった。毎年聞きにいらしているお客さんの一人はやはり毎年聴いていると指揮者によって同じ日本フィルでも少し響きが違いますねと言っていた。

翌日はインキネン夫妻(正式にはまだ結婚していなくて婚約のお相手らしいが)の広島案内役を務めた。
広島は岩国からとても近いのに観光したことがなく、ホテルの人に知恵を頂いたり、ネットで調べたりして臨んだ。初めは午前中宮島に行ってから午後原爆ドームなどを見ればと思っていたが、広島を3時に出なければならないことがわかって、広島市内だけを案内することにした。私たちだけでは言葉が不安なので助っ人に宇部の由香里さんを頼んだ。大いに助かった。ホテルでめいぷるーぷという観光バスのチケットを買って10時に出発した。
初めは広島城に。甲冑など興味深かったようだ。それからまたバスに乗って原爆ドームへ。平和記念資料館ではヘッドホンの解説付きでゆっくり見て回った。お昼は安芸茶寮という小料理屋さんにて和食。インキネンさんがアナゴ飯をリクエストされたのだが、これは私が今まで食べたアナゴ飯の中で一番美味しかった。インキネンさん達も大満足。そして広島駅に。3時過ぎの新幹線のチケットを予約していたのでゆっくりと思ったのに、今急げば前の列車に乗れるとの事で重い荷物があるのに大急ぎで新幹線ホームに駆け上るように行った。間に合った!!約1週間の日本滞在で、その後はオーストラリアの方に行かれるそうだ。短い日本滞在を楽しみ、また公演もうまく行きますように。

日本フィル宇部公演2018
続々と集まる人々
続々と集まってくるお客さん
プログラムは布製の袋に
受付でのプログラムの受け渡しはチャリティーコンサート特製の布の手提げ袋
開演前のインキネンのインタビュー
開演直前にインキネンのインタビュー
翌日は広島城へ
広島城。素晴らしいお天気だった。
原爆ドーム

平和記念公園

アナゴ飯
身がふっくらとしたアナゴ飯、山椒が効いていた。
昼食後







1953年日本に来る飛行機がアルプス山中に墜落してティボーは亡くなった。
ある人の説によると、いつも一緒に演奏していたピアニストはティボーに来日の折は飛行機を使わないでと言ったそうだ。1949年には若き天才ヴァイオリニスト、ジャネット・ヌブーが飛行機の墜落事故で亡くなっている。しかし、来日の日程が詰まっているのでティボーは忠告にもかかわらず飛行機に乗った・・・

73歳のティボーの演奏会を心待ちにしていた人は多かった。これが最後、とも思っていただろう。
宇部での演奏会は10月1日渡辺翁記念会館にて開催される予定で遠く岡山や熊本からもチケットを求めて来るお客さんがいた。しかし___

これを65年ぶりに再現する演奏会を、との宇部好楽協会の企画に恐れ多いとは思ったが乗った。

本当は10月1日だったのだが今年は1日は平日なので前日の9月30日に、渡辺翁記念会館ではなく宿泊先の俵田邸にて当時のプログラムそのままを演奏することになった。
台風が直撃しそうな天気予報だった。毎日天気予報ばかり見ていた。前日になってかなり四国の南を通る進路になって山口県でも西の方はあまり影響はないような感じだった。前の日に宇部に入った。雨は大したことない。翌朝になっても。これから雨は強くなると言う。お昼過ぎてから少し風が強くなってきた。でも台風の西側だから大丈夫と思っていた。しかし山口県の鉄道は全線運転見合わせ。2時開演。53人の申し込みだったが30人余りの人しか来ていない。タクシーで来る予定だった人がタクシーが呼んでも来てくれないと連絡があった。もう少し待ちますかと事務局の人が言いに来る。でも10分待ってもこれ以上来ないみたいで、じゃあ始めましょうか---

今回のプログラムはティボーの組んだプログラムで、私たちが好きなように組んだものではなかったので弾いたことがない曲も何曲かあった。ティボーはブラームスやフランクやベートーヴェンのソナタを並べるプログラムが好きで、コンチェルトを入れる時には小品を入れると対談集で述べていた。まさにそういうプログラムで、私たちがリサイタルでは弾いたことがないモーツァルトのコンチェルトが入っていた。練習には手こずったが、最終的にはそれをソナタのように弾こうということになって本番はまずまず成功したと思う。好楽協会のT氏も絶妙だったと感激していた。これから普通のリサイタルでも取り入れてもいいかもしれないと石井も終わった後、言っていた。
プログラム最後のフランクのソナタは涙が出たとの感想を幾人の人から聞いた。最後の音が消えた時、ブラボーの大きな声が上がった。

お客さんにとっても演奏者にとっても良い企画だったかもしれない。
少し成長したような気がした。

ティボー提琴独奏会

2018.9.30



美しい緑色の細い脚を持った蜘蛛、庭の枝から枝へどうやって渡ったのか解らないような大きな網を張る蜘蛛、いろいろな蜘蛛がここにはいる。家の中をうろうろ歩いている蜘蛛もいる。この家を20年ほど前にリフォームした時からいて、5~7年が寿命と思われるので今いるのは何代も命を受け継いで生きている蜘蛛だと思う。よく見かけるので遊びに来た女の子が「アレックス」と命名した。正式名はアシダカグモと言って、巣は作らずあちこち歩き回ってゴキブリなどを食べる。
一昨日、大きなアレックスを見つけた。体長12~3センチはある。物差しを置いてカメラを向けても悠然としている。ずっと以前は人の気配がするとこそこそと隠れていたが、最近は、もうここは自分の住んでいる所なんだから、と人が歩こうが、掃除機をかけようが自分の意のまま。一昨日のはとても大きかったが、普通は5センチくらいでこれほど黒くない。夏、遊びに来た子が、トイレなどにじっとしているアレックスがいると怖くて大人を呼びに来たりしていたが、アレックスは人には何の危害も与えない。一緒に住んでいるという感じだ。私などはゴキブリを食べてくれるので有り難いと思っている。「そんな所にいたら踏んじゃいそうだからどいて!」などと話しかけたりする。

池のそばにはどうやら蝮が1匹住んでいるようだ。
この夏はこの辺りに蝮がよく出て、うちでは蝮を焼酎漬けにして飲んだり、怪我をした時の薬に使ったりしているのを知っている近所の人がペットボトルに閉じ込めてよく持ってきてくれる。そんな蝮がこの夏だけでも6匹にもなった。でも宏樹庵の池の蝮は夏バーベキューや流しそうめんをみんなでした時も池のほとりの岩の上で日向ぼっこをしていたり、こちらを見ても優しい目をしているので捕まえないで放ってある。

網戸には夜よく守宮が出てくる。蛾などを一瞬のうちに食べるのを子供たちも見ていた。
カエルやカマキリ、カブトムシなどもいる。
宏樹庵ではみんな一緒に生きている。

大きなアシダカグモ
大きなアレックス
マムシ
こちらを見る蝮
網戸のヤモリ
獲物を狙う守宮
カエル
池のまわりの苔で休むカエル。カニも時々出てくる。
カマキリ





↑このページのトップヘ