パチパチッ、パチパチッ!
ミュージックキャンプが終わって間もない5月8日のお昼過ぎ、掃除をしていたら妙な音がするのに気が付いた。宏樹庵の庭の生垣を隔てた直ぐ向こう側には昔は畑を作っていたが今はもう荒れ放題になっている土地がある。1年に1,2度筍の季節になると管理している人が筍の伐採に来る。そのおじさんがそこで何か作業をしているのかと思い、門を出て見に行った。しかし誰もいない。
パチパチッ、パチパチッ!
音はだんだん大きくなってきた。どこかが火事だ!
宏樹庵の西側の坂を 降りるとそこに誰も住んでいない古い家がある。もしかしてそこ?そこだったらすぐに宏樹庵の林に燃え広がってしまう。私は走った!しかしその家は無事だった。そこから遠くに黒い煙が空高くあがっているのが見えた。田んぼの向こうだ!
戻って来て、今度は竹やぶの小径を出た所に行ってみた。そこには火の元を見つめている近所の人が集まっていた。こんもりした林の向こうでパチパチと大きな音を立てながらメラメラと火の手が上がっている。あの辺りは荒れた野原だと近所の人が話している。車が通れない道しか無いとも。こんなにパチパチと大きな音がするのはきっと竹が燃えちょるんじゃろうねぇ。
音がし始めてからもう30分以上経っているのにまだ消防車が来ない。折からかなり強い風が海から宏樹庵に向かって吹きあげている。ああ、早く消してくれないと燃え広がってしまう。あっ!隣接する一軒の家が燃えた!
やっと向こう側からの放水が始まった。こちら側の公園の所にも消防車が2台来たが道がないので火の元に近付けない。ホースを繋ぐ。早く、早く!
炎は次第に見えなくなった。しかし白い煙がまだまだ出ている。完全に消さないとまたどこから燃え出すか分からない。心配そうに見守る人の数も知らない間に増えていた。
3時過ぎにやっと消え、見ていた人達も帰っていった。
やれやれ延焼しなくて本当に良かった。怖かった。まだ心臓がドキドキしている。 

IMG_0927
向こうに家が並んでいる辺りが火事現場。右の近景が宏樹庵の竹やぶと林
 

5月3日から宏樹庵と黒磯自治会館にてミュージックキャンプ2022が始まった。
桜庭先生と何人かの受講生は2日に来て練習を始めた。
今回の参加者は東京から4人、神奈川から3人、埼玉から4人、西宮から4人、京都から1人、大津から3人、宇部から5人、山口から4人、周南から1人、広島から4人、柳井から2人、岩国から5人の40人。初心者からプロの人達までそれぞれが真剣に曲に向き合い練習に励んだ。岩国、柳井からの初参加の人は合奏のみの人が殆どだったが楽しそうに弾いていた。
今回は前回弾きたいと思っていたのにコロナで参加出来なくなってしまい実現しなかった曲も採用されたのでピアノの人が一人で何曲も弾いて、参加者数の割りに曲数が多くなった。そのため初日のレッスンは朝10時に始まり、講師はお昼ご飯はどうにか食べることができたが、夜ご飯抜きでぶっ通し夜の10時まで続いた。2日目は朝から詰めてレッスンできたので(初日は東京などから来る人のために到着時間に合わせてレッスンを組まなければならないので)それほど遅くはならなかったが長時間のレッスンとなり、反省点の一つ。
食事係は宏二郎と藍、それに陽子は今回演奏がなかったので係に加わる。昨年、宏二郎は演奏もあって忙しかったが、今回は料理だけに専念、それも食についてこだわりがあるので、サンドイッチのパンも100個以上自分で焼き、マヨネーズもドレッシングも、サンドイッチに挟むハムもお好み焼きの紅ショウガも全部自分で作り、添加物の無い食生活をという強い思いは伝わったかな。藤生の魚市場の改修工事が始まって今年中には立派な施設が出来そうだが、それに先立って業者だけでなく個人にも販売してくれるようになり、バーベキューの素材の購入にはだいぶ助かった。
5日の散歩がてらのコンサートは午後1時半から由宇文化会館にて。入場料500円。4日にKRYの取材が入り夜6時からのニュースで放映してくれたようだがそれを見て来てくれた人も何人かいたかもしれない。大人も子供も緊張しながら本番は特別な体験。コンサートは4時間にも及び、お客様には少々疲れるプログラムだった。お客様の中にはミュージックキャンプが22年前に始まった時の受講生のご両親もいた。その受講生は当時小学4年生だったがこの度結婚されたとの事だった。初回の受講生が今回子供と一緒に参加するという事もあり、世代を重ねてこの会は続いていくのかもしれない。

白と赤のウツギが美しく咲いた。

Image-1 (1)
合奏のレッスン風景
IMG_0886
京大に入った望君が久しぶりに参加


Image-1 (11)
KRYの取材が入る

IMG_0895 (1)
朝食は近所の人たちが作ってくれる。この3升いっぺんに焚いたご飯が美味しくて毎回参加者の間で大好評
IMG_0893 (1)
クレソンのサラダ、これは近くの川に晴香と石井が採りにいった
Image-1
2日に藤生の魚市場に買い出し
Image-1 (2)
宏二郎は100個以上のパンを前日までに焼く

Image-1 (4)
このコンビノスという貝が大変おいしかった
Image-1 (6)
お肉もたっぷり。ラム肉が好評だったとか
Image-1 (7)
スペアリブ
Image-1 (5)
陽子も今回は料理の助っ人
Image-1 (9)
合奏の会場練習
合奏 ミカンの花咲く丘
本番
ほのかと絢
ほのかと絢香と秀太郎
ハンガリー舞曲
一青はハンガリー舞曲に挑戦
びっくりシンフォニー
絢香はびっくりシンフォニーを江波弘介君と秀太郎とで演奏
メンデルスゾーントリオ
最後は講師三人でメンデルスゾーンのトリオ2番の4楽章

IMG_0926













4月2日(土)午後2時よりシンフォニア岩国多目的ホールにて石井啓一郎ファミリーコンサートが開催された。
このコンサートも2002年に始まり、ちょうど20年が過ぎた。コロナで様々な企画が中止や延期を余儀なくされる中、奇跡的に開催は途切れることなく続いた。しかし客足は減り、運営する啓&啓倶楽部のスタッフも高齢化した。
割り切れる答えばかりが求められ、何色なのか解らないような曖昧な所は敬遠される世相の今、生の音楽の持つ力が求められている。機械を通してではない生身の音楽は五感で感じられて人を感動させる。心が動く。その事を大切に啓&啓倶楽部の活動は続けられている。
今回のプログラムは石井啓一郎、石井陽子、石井啓子の3人による愛のあいさつで始まり、前半はモーツァルトとベートーヴェンのヴァイオリンとピアノのためのソナタ、後半はフルートソロの福島和夫作曲「冥」、ピアノが加わって「ふるさとによるポエム」、次にいつもはヴァイオリンとピアノで演奏しているカナリアを3人で。そしてスコットの蓮の国、チゴイネルワイゼンと続いた。
お客さんは100人ほど。多目的ホール全体にバランスよく座ってくれたので淋しい感じではなかった。石井啓一郎のトークにも素直に反応し暖かい雰囲気だ。
「冥」は現存する日本の作曲家がドイツのダルムシュタット現代音楽祭で一緒だった同胞を偲んで書いた曲で尺八のような音が出る。初めてこのような音楽に触れたお客さんはびっくりしたようだった。アンケートには「岩国の春の楽しみは桜とファミリーコンサートです。」と書いて下さった方もいた。

愛のあいさつ2

愛のあいさつ
冥
鬼気迫る「冥」

楽屋で
終演後、楽屋にて




↑このページのトップヘ